深部体温の低下の原因とは?

冷た過ぎ 甘過ぎ 辛過ぎ


冬、暖かくなった部屋で食べるアイスクリーム。



鍋物や焼肉に冷えたビールなんて最高ですよね!

冷たい物をそのまま体に入れてしまう機会がとても多いように感じます。



体は深部体温を保とうとしているのに冷たい物は胃腸に負担をかけて消化機能を下げる恐れがあるため体温は一気に下がってしまいます。



体力の消耗も激しくなり活動のエネルギーも免疫力も下がって疲れやすくなってしまいます。

白砂糖も体を冷やし、体に水分を留める働きがあるので、過剰にとると冷えやむくみの原因になります。



甘みが欲しい時は白砂糖ではなく自然に近いメープルシロップや、黒砂糖がおすすめです。

冷たいお水も常温にして飲んでみましょう!



冷たい飲み物は避けた方がいい!


こんな人は要注意


夏 毎日家でゴロゴロしてたけど今は早起きして規則正しい生活をしています。



お昼ご飯も食べたり食べなかったり、遅い時間に食べたりだったけど、お昼の休み時間が決まっているので、和食中心のお弁当を決まった時間に食べるようになりました。



なのになぜか太ってしまいました。

特にお腹まわりが気になるのですが・・・



以前と何が違うのか考えてみると、冷たい飲み物を飲み始めたからしか思い浮かびません。

冷たい飲み物・食べ物は内臓を冷やしてしまい内臓の機能が低下してしまいます。



体は何とか冷やさないようにと、脂肪をお腹周りに付けるのです。

(内臓を守ろうとして)



この内臓の冷えが夏太りの一つの原因だと言われています。



夏になり暑い日が続くと、どうしてもアイスやかき氷などに目がいきがちですが、出来れば温かい物の方が体には良いですね。






スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告