産後母乳ダイエットを効果的に

産後ダイエットは効果的に健康的に行うことが大切ですが、大失敗をして身体へのダメージを増大させる事も。



特に産後、急激なダイエットをして早く体型を元に戻そうという方は、身体への負担が計り知れないので十分な注意が必要になります。



というのも完全母乳などを目指している方は、それだけですでに痩せてしまいます。母乳というのは、お母さんの体内のエネルギーをかなり吸い取って作られています。母乳ダイエットがあるくらいですからもし完全母乳を数ヶ月行うことができれば、かなり体重を元に戻せるはずです。



それくらい母乳というのは、栄養が多く含まれているということ。無料のダイエットエクササイズをしているようなもの。それを出産直後から、無理な食事制限などをして早く体重を元にもどそうなんて考えると、母乳がでなくなってしまいせっかく母乳で体重を減らせるはずだったのに、減らなくなってしまいます。



そうなると粉ミルク代はかかり、さらに痩せないという二重三重のデメリットが。産後は、まず体調を整えることが大切で無理な減量はホルモンバランスを狂わせ、身体を絞れたけどホルモンが変化して肌がぼろぼろになり、女性として最悪の事態になるとも限りません。


美肌とスリムな体型


健康的に体型を元に戻すには、1年はかけることが大切です。1年近くゆっくりと体重が増えたのに、それをインスタントラーメンを作るように即効で減らそうとすると、お腹の皮膚が元に戻らずにぶよぶよになってしまう危険があります。



あまりに急激に体型を元に戻してしまうと、表面上は皮膚が元に戻る時間がないままシワやたるみとなってしまい、出産なんてするんじゃなかったなんて、大きな勘違いをしてしまいます。体型はじっくりゆっくり戻すことが大切です。



テレビなどで数百キロの女性が急激に痩せて、お腹が皮膚の塊でぶよぶとになって手術で切除したという放送がありました。あのようにならないためには、ゆっくりと皮膚を戻しつつ減量するのが女性によっては一番大切です。



一見すると痩せていても、お腹が…なんてことも。またお腹はなんとか収まったけれど、貧血気味になったりして別の病気の要因を作ってしまうことも。



友達がすぐに体重を絞ったからと焦ると、ろくな事がありません。身体は機械ではないので個人差も大きく、人と比較するリスクは頭に入れておく必要があります。じっくりキレイを手に入れる方が、結果的には良い事だと思います。産後は、赤ちゃんの事を優先すれば、ママにも良い事が待っています。


スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告