血糖値を下げるダイエット

血糖値を下げるダイエット



血糖値は、メタボリック シンドローム、生活習慣病、糖尿病で用いられる数値ですが、ダイエットや虚弱体質の改善にも活用することができます。



食事をすると血糖値が上昇します。満腹時と空腹時の血糖値の差が大きい程、血液中に中性脂肪が蓄えられて、体内に脂肪として貯蔵されます。血糖値の上下の振れ幅を小さくして、中性脂肪を生成されないようにしているのが1日5食ダイエットや、糖質オフダイエットなどのダイエット法の考え方です。



多くの食事に関するダイエット法はあり、サプリメントなどお手軽系を実践しては、上手くいかない成功しないと言われている方の大半は、ダイエット法でもっとも重要な要素が欠けています。



それが運動です。


楽な運動で十分に痩せる。


ダイエットにフルマラソンも、バーベルを上げるような過酷な運動も必要ありません。必要なのは、毎日、ちょっとずつの運動です。



飽き時間を見つけて、1日30分のウォーキングやエレベーターやエスカレーターを極力避けて、階段を使う。1階から10階まで上がるなら、9階で降りてそこから階段を上る。たったそれだけの工夫の積み重ねが、大きくなっていきます。



足や膝が痛い方なら、つま先で少し家の中を歩くだけでも、運動をすることができます。ダンベルで上半身を軽く鍛えることも大切なのですが、下半身の筋肉がダイエットに大変に重要です。



下半身の消費するカロリーは上半身よりも断然多いので、その筋肉を使わない理由がありません。また虚弱体質の方や、特に女性に多い冷え性の方は、足を動かすと体の血行がよくなり、体を温め冷え性の対策にもなります。



足の筋肉が減少すると、体温が下がりやすくなり、冷え性になり風邪にかかりやすく、インフルエンザへも対抗できなくなります。



元々は人間は、動物としての本能で病原体などに対抗していましたが、都会などで運動をしなくなり、動物としての体を使う機能を弱体化させたことで、メタボや癌、心筋梗塞、糖尿病を始めるとする、信じられないくらい病に弱い体質になっています。



おそらく動物界で、これほど医学、科学力をもちながら病気に対する免疫力が弱いものは、少ないのではないかと思えてきます。



運動は非常に重要です。体をたためるには、筋力を適度に使って退化させないことが大切です。もし、進化の過程を短時間で見られるなら、千と千尋の神隠しの主人公の親が豚になったシーンがありましたが、まさにあの体に人間がなってしまうでしょう。



そうならないためには、サプリメントに完全依存せずに、体を適度に動かすことが大切です。サプリメントや薬だけで、筋肉を増強させると、体のどこかに不調を招くことになります。



では、どれくらいの運動をすれば良いのでしょうか?
適度な運動量とは? 




スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告