ダイエットで体重の停滞期が訪れた時は?

体重の減りが少なくなってきたら?



それは、体からのサインです。



順調に体重が減っていた体重の低下が止まったら、体が痩せにくい体質にしているところです。急激な体重の減少や過度の食事制限によって、体が危機的な状況になったと認識して、体重が減らないような防御態勢に入ったとみて良いでしょう。



体は本来、余剰な栄養分を体に脂肪細胞として蓄える仕組みが備わっています。長い間、動物や人間は満足な食事を食べられ無かった時代に対応するために、獲得した防衛本能があります。食事だけでダイエットするためには、その仕組みが働かないように体を欺く必要があります。



いつでも食べられる


体に対して、食事はいつでも食べられる。安心してよということを、教え込む必要があります。その方法の1つが1日5食ダイエット法などです。



これによって、いつでも食事が食べられると安心して、体重が減少してもその保護機能が働かないようになります。


食事を作るのは案外に難しい

食事制限だけでは、ダイエットが難しい人は運動も取り入れなければ、体重を減らすことが困難です。サプリメントだけで痩せることは、いまだに医学的にもクリヤーされていません。栄養補助食品やサプリメントだけで、簡単に痩せることはできないのが現状です。



あくまでも食事制限や、運動の補助としてサプリメントなどを活用するのが、正しいダイエット法になります。食事を自分で作るのが大変な方は、食事の宅配サービスもありますので、そちらを利用されるのが手っ取り早いでしょう。



※注 業者によって、サービス内容がかなり異なるので、十分な選定が必要なります。筆者のお薦め宅配業者が1社あります。




スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告