お米ダイエット?

最近の糖質オフや低インシュリンダイエットなどでは、お米がいかにも悪いという扱いがされています。



たしかにスナック菓子は食べる、ケーキは食べる。揚げ物は食べる。ポテトフライは毎日欠かせない。週末は必ずランチバイキングを頼んで、好きな物を食べたいだけ元を取るまで食べまくってストレス発散だ!という生活の中で、さらにお腹いっぱい天丼、カツ丼を食べるという食生活では、太ってしまうのは当然の原理です。



しかし、本来お米はヘルシーな食材で世界でもダイエットに良いとされて食べている人が増えています。




お米は太らない。



これが常識なのです。



太ると思われているのは、主食以外のカロリーや脂肪を取りすぎているからです。



逆に太るのは、お米を抜いたときから太る体質になっていってます。米抜きは炭水化物だけではなく、ビタミンB1や食物繊維などもカットしてしまっています。



単純に

お米 = お砂糖

みたいなイメージでいると、間違ったダイエット法を実践している事になってしまいます。



 お米を抜いて痩せたと思っても、その後体重は減り続けていますか?どこかで減少が止まっていませんか?



 それは、あなたの脂肪よりも多くの筋肉が減少して痩せただけかもしれません。これは基礎代謝から考えると、かなりマイナスです。筋肉こそがあなたの脂肪を燃焼してくれる、脂肪燃焼装置なのですから。



この筋肉は食事制限をすると、脂肪も減りますが、筋肉もそのままでは減少します。これが太る体質と言われる状態です。それを阻止するには、筋肉を作るたんぱく質を取り筋肉を分解してエネルギーに変えないだけのエネルギーを、炭水化物であるお米を食べなければいけないのです。



適度なお米を食べて、間食をやめれ、必要な栄養素を摂ればダイエットができるでしょう。これはお米ダイエットと呼べるかもしれません。パンを作る過程でお砂糖を入れているので、ダイエット始めたばかりのときは避けたに食材です。



 お米は、白米よりも玄米の方が2倍程度、栄養素が多く含まれているので、可能性あれば玄米ご飯かまたは7分づき程度のお米を食べるのが良いでしょう。






スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告