ロングブレスダイエットは食事制限とセット!?

ロングブレスダイエットは、呼吸法だけではやせません。

どんなに呼吸法やウォーキングをしても、たとえば一般成人女性が1日に3000も4000キロカロリーも摂取していては、体重を減らすことは困難です。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

森久美子さんがロングブレスダイエットの裏側を暴露

ロングブレスダイエットは、中居正広の金曜日のスマたちへの企画で、美木良介のロングブレスダイエットを、森久美子さんが実践したという内容で、気が付かれた方も多いと思うのですが、全くやせられなかった体重を約30キロもの減量に成功して話題となりました。

ロングブレスは、呼吸法+アルファ(ウォーキングや適切な食事)でやせる手法なので虚弱体質の方でも、工夫すれば十分に取り組めるものです。 しかし森久美子さんは、ロングブレスだけではやせたのではないと、暴露しています。

食事制限や腹筋なども行ったことを明かされています。 美木良介さんのロングブレスは、やせることが目的ではなく健康を目的とした体操のジャンルに当たると思います。

体が健康になり、その結果、従来の体を絞る手法を取り入れても効いてきたと考えると自然と納得できます。 森久美子さんも、ご自身が頑張ったからスリムになったことを伝えた方のが、言葉が少し足りずに大きな報道になったのではないかと推測しています。

私もロングブレスを行って、良い感触を持っていますが、やはり自分1人で行うには、あまりにも美味しい誘惑がありすぎますので、番組全体であの成果が得られたのではないかと思います。

正しい手法を用いて、継続すれば虚弱体質の私でもダイエットは可能だと感じています。

ロングブレスダイエット成功のポイント

ロングブレスダイエットのポイントは、呼吸法だけではなく全身に力を入れることです。 実際にやってみるとわかるのですが、腕や特に足に力を一定時間加え続けるので、真剣にやれば体がある程度温かくなります。

とくにロングブレスをやる前に、若干、軽めの体操をして体を少し温めてからさらに、ロングブレスダイエットを行うと、さらに体が温まりやすく、代謝が上がったように感じます。実際に体がぽかぽかしてくるくらい行うと、実践したことになるでしょう。

寒い冬や虚弱体質、基礎代謝がもともと低い方が行うと、体温が上昇しづらいので効果は限定的かもしれません。また、ご飯で炭水化物を必要カロリー摂取して、お野菜やたんぱく質などもバランス良くとらないと、代謝は上がらずダイエットは困難でしょう。

それらを最低限踏まえて、リングブレスを行う必要があります。ただ呼吸を適当に吸って吐くだけでは、やせないと言う事です。 体に良い健康的な食事+ロングブレスなどの適度は運動をすれば、代謝が高まりやせる体に変化するのではないでしょうか。

実は、ごくごく当たり前のことをすれば痩せるということですが、それがなかなか出来ないのは、食事や運動にあまり時間をかけられないライフスタイルだからだと、自分自身実感しています。

お手軽系の食事をすると、どうしても栄養のバランスが悪くなり、痩せるために必要な栄養素が不足しがちになるので、脂肪が燃焼しづらくなります。 リバウンドしないで、虚弱体質でもやせるにはバランスのよい食事で体質改善が大切です。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする