ふくらはぎを細くする方法

ふくらはぎが太くなるのは、いくつかの原因があります。



まず1つめは、むくみです。

体内には水分がたくさんありますが、足のふくらはぎに水分が多く蓄積されるとむくみとして、太くなってしまいます。



2つ目は、脂肪が付いてしまうこと。

あるいは、その両方が重なってより大きくなってしまいます。

この2つは、解消することが可能です。



まず、水分が多いむくみの場合は、血行が悪くなっている場合があります。この場合にはマッサージをすればある程度は解消されます。



しかし若干、ぬるめのお風呂にゆったり浸かるだけでも、ある程度は良いです。また足だけを温める足湯でも、15分程度、テレビを観ながら浸かると血行が良くなります。体を温めるメリットは、免疫力を高めるとともに冷え症の改善にもつながるのでオススメです。



特に足だけなら、心臓に負担がかからないので、高齢者の方も良いでしょう。あまり熱い湯ではなく38~40度程度で十分です。


脂肪を減らすには


筋肉が付いている場合は、あえて減らさなくても良いです。足の筋肉を減らしてしまうと、今度はお腹周りや二の腕に脂肪が付いてしまいます。せっかく足に筋肉がついて基礎代謝が高まっているのを、無理してそぎ落とさなくても良いです。大抵の場合は、筋肉ではなくぶよぶよの脂肪がたっぷりついているはずです。



その脂肪は、筋肉を付けることによって脂肪を燃焼させて、足が引き締まってくるのを感じるはずです。足に適度な筋肉を付けるのに、自転車などで1日20~30分、こいでいると血行も良くなりオススメです。最初からあまりやり過ぎると、逆に疲れがたまるので適度が良いです。






スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告