30代で産後10キロ痩せる|2つのお手軽な方法!

kantenresuto.JPG

「出産するなら、たくさんダメなきゃダメよ。」そんなお姑さんの想いから、食べ過ぎてしまいました。

後から分かったのですが、戦後の食料危機の時代は食べ物が満足になくて、そのようなことを言われていたそうです。でも、いまは飽食の時代。ダイエットしないと、生活習慣病になってしまいます。

30代で産後10キロ増えてしまうと、落とすのは大変です。そこで比較的、簡単に痩せる2つの方法についてまとめました。

バランスが崩れたのが原因

 ズボンがキツイ女性
体重が増えたのは、出産の為に活動量が低下したのに食べる量を増やしたから。

昭和生まれの方のイメージは、妊婦さんは栄養不足では良い子が生まれないという常識があります。たしかに昭和の時代は食料事情が悪いということもあったのも事実です。

ところが高度経済成長のあと、カロリーオーバーで肥満が増加した結果、無理して食べなくてもダイエットが必要なほど食べ過ぎています。ですから出産だからとたくさん食べる量を増やす必要はなかったのです。

むしろ、出産後にダイエットできるチャンスだったのに。。。

問題なのはカロリーが多すぎることがダメなのであって、ビタミンやミネラルなどの栄養素は多く摂る方が好ましい。

産後は栄養素を多く摂取して脂肪を燃焼しやすくして、カロリーはそのままにするだけでダイエットが可能になると分かりました^^;

母乳ダイエット

母乳育児

母乳ダイエットという言葉がありますが、それは出産後、母乳を与えるだけで母乳ダイエットとも言われるくらい痩せやすくなることを言っています。

いつも通りに食べてさえいれば、母乳をあたえていくだけで自然と10キロくらいなら徐々に痩せていくといいますから、こんな素敵なことはないですね!

注意が必要なのは、産後も太る前と同じ様にお菓子類をたくさん食べるのはもちろん厳禁ですが。。。

無理なダイエットは逆効果

ありがちなのは無理して食事制限をしてしまい、その反動をお菓子でカバーすることです。

「ご飯を抜いてお腹減った。少しくらいのお菓子なら良いよね。」これが太る元になりますから、それならご飯を食べてお菓子を止めるだけで痩せる可能性が高くなります。

白米ではなく玄米なら更に効果的です。玄米ご飯には、食物繊維や栄養素が白米よりも多く入っているので、ご飯の量を減らしても栄養素は減らさずにカロリーだけを下げられます。これなら体にも安心。

ズボンがゆるゆる

さらにいま話題の酵素ドリンクを活用すれば、不足がちな栄養素も摂れ、脂肪の燃焼にも効果的。酵素ドリンクは普通の果物ジュースなど糖が多いものよりも、酵素(栄養素)たっぷりなでヘルシーなのが魅力です。

脂肪を燃焼しやすくするなら、酵素は不可欠です。効果的に摂れるのは酵素ドリンクです。

不足しがちな栄養素が摂れる低カロリーの酵素ドリンク
 

置き換え

体重が増加または10キロオーバーの状態で維持しているのは、食べ過ぎはカロリーがオーバーしているので、1食だけを食事制限でご飯を減らします。

1食を酵素ドリンクに置き換えるだけなので、それほど負担にはならないから、これくらいの方が簡単で長続きします。

私の場合は朝食のお米を酵素ドリンクに置き換えて、筋肉の材料となるタンパク質などを摂るように心がけています。産後は運動しないので、筋肉がすぐに落ちやすくなるからそれを少しでも予防するためです。

魚、豆類なども最適です。お豆腐や納豆、あじの干物などもたんぱく質が豊富に摂取できるので最適です。

腹筋(10回で8kcal前後)や腕立て(10回で4kcal前後)の筋トレで痩せようと思うと、1日1000回くらいはしないと無理かもしれないです。

それくらい運動でカロリーを消費するのは難しいです。それよりも食べ物を置き換える方が、はるかに簡単で効果的に産後10キロを痩せることができます。

美的90選ベジライフ酵素液

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする