筋肉痛の原因とは?

dietto.jpg

練習後も次の日の朝も大丈夫だったのに昼過ぎから足が怠くなり重くなってきました。

次の次の朝、起きるため立ち上がろうとした時には足が動かせず階段を下りることも出来ず辛い思いをしています。

普段慣れない運動やいつもと違った運動をすると必ず筋肉痛になってしまいます。

筋肉痛の原因は、筋肉組織が部分的に損傷したり炎症したりすることによるものなので、ハードな練習によって私の筋繊維や結合組織などを損傷してしまったのですね。

運動不足でしょうか? それにしても2日後とは・・・

その傷を修復するために、カリウムやブラジキニン・ヒスタミン・乳酸といった、痛みを出す物質が神経を刺激して炎症を起こすため痛みが生じるそうです。

何日後かの筋肉痛

046.jpg

何日後かの筋肉痛…老化が原因?

筋肉痛は年齢が若いと、当日や翌日に出ることが多いのですが、加齢とともに何日か遅れて痛みが出てくるようになると言われていますよね?

筋肉痛の話を何人かにしたら口々に「年だねぇ~」と言われてしまいました。

実際どうなのか?疑問ですが(少し認めたくないから)調べてみると、科学的な理由が解明されていないそうですね。

必ずしも老化が原因で筋肉痛が何日後かに起こるとは言い切れませんが、血管の老化が関係しているようだと聞きました。

筋損傷を修復する過程では白血球が損傷した筋繊維を除去していきます。その時に発生する物質により筋膜が刺激されると痛みがでることになります。

そして老化により毛細血管が細くなってしまうと、血液循環が悪くなって、痛みも運動をした数日後に遅れてでると言われています。

なぜ筋肉痛になったのか?

043.jpg

フラのステップ練習をして2日後に歩くことも困難になるくらいの筋肉痛。4日後やっと激しい痛みも消えて階段の上り下りができるようになってきました。

二度とこんな辛い思いをするのは嫌なので、どうしてこれほど激痛になったのか考えてみました。フラ(運動)の後、筋肉を使った後に、アフターケアをしてなかったからだ!と思いました。

筋肉を本当に軽く優しく揉み解してマッサージすることによって、血液の循環が良くなるので筋肉痛を多少軽減させることができます。

ただ必要以上にマッサージをすると逆に筋肉を炎症させてしまうので筋肉痛がひどくなる場合があります。

軽くマッサージするだけで血液とリンパの流れが促がされて、筋肉の疲労を早く回復させることにつながります。

アフターケアは、大事ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする