低インシュリンダイエットのメリット・デメリット

 低インシュリンダイエットは糖質オフダイエットと、似ていますが次の点が異なります。

  • 糖質オフダイエット法は、糖質(炭水化物)類をカットするダイエット法です。
  • 低インシュリンダイエットは、血糖値を急激に上げないようにするダイエット法です。

つまり急激に血糖値が上がらなければ、炭水化物も糖質も摂取しても良いという解釈もできます。 この点が糖質オフダイエットと大きくことなる点です。

※注 当サイトは、一般的に認知されている低インシュリンダイエットに、独自の見解も加えています。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

低インシュリンダイエットの優れた点

食べる量は同じで良く、炭水化物を摂れる食点が非常に大きいです。つまりダイエットしても、お腹が空腹にならないというありがたいダイエット法なのです。

炭水化物を含む食品には、様々な栄養素が含まれています。糖質オフダイエットでは、玄米食やじんじん、ゴボウなども食べるのを控える食材ですが、低インシュリンダイエットでは、食べても構いません。

gohan.gif

癌予防などの為に、食べていた食品も安心して食べる事ができます。健康に良い方法で痩せられるということです。

脂肪は急激な血糖値の上昇によって蓄えられることがわかっているので、急激に上げないような食品を摂ればダイエットになるという視点で考えられたダイエット法です。

血糖値が上がりにくい食品を中心に食べることになります。そこでGI値という数値が作られました。

低インシュリンダイエットの注意点

血糖値を急激に上げないようにする手法ですが、たくさん食べても良いというダイエット法ではありません。 血糖値がゆくっりと推移しても、筋肉などの蓄えられない位の量を摂取すれば、やはり脂肪として蓄積されることになります。

ゆるやかに血糖値が増加・減少するだけですので、蓄えられないように消費しないと、やはり脂肪になってしまいます。この辺りで失敗して効果がないと言われる方もいるかもしれません。決してたくさん食べても良いダイエット法ではありません。

いますよね。体に良いと言われると、食材を買い占める人。 毎日、バナナばかり食べて、結局はあまり効果がなく飽きてしまうのがオチなのですが。ただ、トマトは良いかな~と個人的には思います。

いくらインシュリンの分泌を低く抑えるダイエット法とはいえ、脂肪やたんぱく質の取りすぎは良くありません。タンパク質は分解するのに、体の負担が増えるので、虚弱体質の方は注意してください。

一般的に言われている考え方に、当サイトの独自の考え方も加えて解説していますので、書籍で紹介されている方法と、同一ではありません。お米は炭水化物として、当サイトでは食べるべき食材として紹介しているからです。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする