食事制限はやってはダメ

食べないと太る



ダイエットの常識となっている、食事制限は太るということが、若い女性や中高年の方でさえ、いまだに知らずにやってしまう間違ったダイエット法です。



昔はダイエットといえば、食べないダイエットが主流の時代もありましたが、食事制限を行った人がどうなったのかと言いますと、食事制限をすれば一旦は痩せます。これは間違いなく痩せます。



しかし、その後はかなりの確率でリバウンドしてしまいます。つまりせっかく痩せたのに、また太ってしまいます。では、また食事制限をすれば良いじゃないか!という思考でダイエットをすると、今度は体重の減少が1回目のときよりも緩やかです。


あれ、もっと食事制限しないとダメなのかな?ということで、さらに1回目のときよりも食事の量を減らします。すると、確かにまた少し痩せますが最初にダイエットした程は、痩せなくなっています。ですがこれを維持する為には、その後も食事を増やすことはできません。次第に空腹に耐えられず、しかもいらいらしたり、お肌がボロボロになってきたり、カサカサのお肌になってしまったり。



そしてついに、ガマンできずに食事の量を前の状態に戻すと、体重が一気に上昇します。気が付けば、ダイエットする前よりも増えてしまう事態に。そこで、またダイエットを始めますが、今度はなかなか体重が落ちなくなっています。




リバウンド体型


食事制限をすると、体は少量の食事でも生きていけるように、まずエネルギーを使う筋肉を分解して減らします。その後に脂肪を使います。食事を減らすとまた筋肉量が減少して、さらに少ない食事でも生活ができる体質に変化します。



こうなるともう、食事量を増やすと確実に太ります。これがリバウンドの法則です。



食事制限は、人間が飢餓状態になったと遺伝子のスイッチが入り、少ない食事で耐えられるように、省エネモードに突入します。もう、食事を少しでも多く食べると痩せません。美味しい物も食べられず、しかも体はどんどん不健康に、女性のお肌もボロボロに。骨密度も低下して、将来は骨粗鬆症は間違いないかも。



これが妊娠前の女性だと、さらに深刻な事態になります。生まれてくる赤ちゃんも、太る体質になって生まれてくるからです。



このように食事制限をすると、太る体質になります。料理も楽しめず、栄養価の高い食事も出来ずに、栄誉失調で病院が家になるかもしれません。将来の医療費は、さらにかさむでしょう。寿命は薬で維持出来るかギリギリで、薬生活が長く続くかもしれません。



そんな未来の生活を断ち切る良い方法があります。正しいダイエットに適した食事と、ダイエットに適した軽めの運動でダイエットできます。正しい健康的なダイエットは可能です。






スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告