低体温症はダイエットが原因?

低体温症の原因


虚弱体質の方も要注意の低体温症について



主な原因は

・生活習慣(寝不足など)

・食事習慣(加工食品、偏食、過食、食べない、甘いものの食べ過ぎ)



ストレスや運動不足も大きく影響します!



他にも・・・冷暖房に頼り過ぎる。

・シャワーしか浴びない(湯舟に浸からない)

・ガードルなどの窮屈な下着または衣服

過剰なダイエット



冷暖房完備の環境は健康を害する




これは女性の方は特に注意しないといけない内容です。次の様な経験はありませんか?



汗かきで暑がり…夏は冷房のきいた涼しい環境に身を置くことが多く、冬は冬で、部屋全体を暖めて とても暖房なしでは寒い冬をやり過ごせない。



子どもの頃は暑さも寒さも関係なく外で暗くなるまで遊びまわっていたのに、随分ひ弱な体になったものです。

現代の子どもたちも、やはり冷暖房の整った環境に常にいることが多いそうですね。



暑い、寒いといった経験が少ないと自律神経の働きがおかしくなります 。

血液や体液の温度を調整する機能、血管、汗腺などのいろいろな器官が鈍くなり健康を害するということです。



体温調節機能

暑い時、皮膚の血管が拡張して血流量が増えて体内にこもった熱を放出 そして汗をかいて体温を下げます。



寒い時は、血管が収縮して血流量を減らして体の表面からの放熱を抑え、筋肉の収縮によって熱を生み出して体温を上げます。

このように人間には体温調節機能が備わっています。



体温調節機能をコントロールしているのは、自律神経です。



冷暖房に頼り過ぎた生活を続けていると、

暑い寒いの情報を正確に脳に伝達することができなくなり(自律神経の働きが鈍くなるから)

外気に合わせた体温の調節ができなくなります。

虚弱体質の要因の1つと言えるかもしれませんね。



熱中症になる要因の一つにも体温調節機能がうまく働かないことにあります。





乾布摩擦の効果は?



低体温を予防する方法の1つ



お風呂から出ると、体に残った水分を拭き取る目的も兼ねて、タオルで乾布摩擦をするようにする。



昔から行われている健康法の一つですが効果はあるのでしょうか?



皮膚をこすることで皮膚に刺激が加わり、皮温調節機能が高まることによって皮膚の血のめぐりがよくなること。

上半身の運動で全身の血行が促されてポカポカになること。



裸になって全身を冷たい空気にさらすことで、自律神経の働きが高まること。

一定時間、寒さを感じることで、体温を上昇させるような仕組みが身体の中で働きます。



毎日繰り返すことによって身体全体の体温調節機能が高まり、抵抗力がつき免疫力もアップ

少しくらい寒い場所にいても気にならない強い身体になれるということでしょうね。



まとめると、乾布摩擦は、皮膚に「こする」という物理刺激と「冷たさ」という温度刺激を与えることで、全身の体温調節機能が高まるということなので多少効果であるかもしれませんね。



しばらく毎日続けてみるのも良いかもしれません。






スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告