太る原因でダイエットが不可能に?

太る原因って、全部が遺伝子の問題?



一番最初に頭に浮かぶ、まず1つは「食事」でしょう。



体に必要な栄養をとらなければ、すぐにお腹がすくようになります。

img_f001.gif
ドカ食い

一食抜き

必要以上の間食

偏食など



食べ過ぎてしまうケース



お腹が空くけど、夕飯までにはまだ時間がある。

それならスナックのお菓子を食べよう。
ちょっとくらいなら良いだろう・・・



気が付けば袋に入ったスナック菓子は、半分近も食べてしまう。途中でやめようと思ったけど、残すと湿気ってしまうからと都合の良い勝手な理論を持ち出して、気が付けば中身はキレイに空っぽになっている。どれだけ食べてもお腹が一杯にならずに、しかも美味しい。(虚弱体質の人はどか食いできるのはうらやましのですが。)



スナック菓子は、糖質たっぷり、炭水化物の塊

栄養のバランスはかなり悪い。生まれつき以外に、虚弱体質は食生活から生まれる可能性があります。



日頃から甘いものは太る原因って言われてるのに、カロリーが高いので太りやすいってわかっているのにやめられない。



ke-ki01.jpgさらに1袋でやめられればいいのですが、お饅頭にケーキ、他の食品でも食べ過ぎてしまえばカロリーオーバー

たくさん食べた割に栄養素はかたより過ぎている。

この繰り返しがウエストを大きくしてしまう。



ではスナック菓子は悪者なのか?
スナック菓子はとても美味しい。でもそれなら夕食も同じ事。



しかし、食べてしまう本当の原因は他にあるのではないか?



そこで登場するのが、「ストレス



ストレスをためると、欲求を満たそうとして「食べる」という行為に!
それも、太る大きな原因になる。

ではなぜ食べてしまうの?



実はそこに大きな落とし穴がありました。



実は、食べる事によって血糖値が上がり、精神的に落ち着くと言われています。

確かに満腹になったときは、嫌なこともしばしの間忘れて、お腹をさすっている気がします。



だからストレスは、貯めてはいけないということです。



ストレスを貯めるだけなら良いのですが、脂肪まで体に貯め込んでしまいます。

本当に太ってるのって遺伝だけが原因でしょうか?



たしかに太ってる人のうち30%が遺伝によるものと言われています。

しかし、それ以外の要因も見逃せません。



実は太る原因の70%は生活環境によるもの。だそうです!

こんな人もいるのでは?



私の両親は、痩せてない。すごく太ってるってコトもない(-.-)
普通だけど…どちらかというとポッチャリはしてます。






両親と子供の体格を調査したら両親とも肥満の場合、子供の約70%は肥満らしく「太りやすい体質」というのは、もしかすると遺伝する!!ということかもしれませんが、それ以上に同じ物を食べていれば必ず肥満に一歩づつ近づいている訳です。虚弱体質になっても不思議はありませんね。



両親が太っていても約30%の人は太ってない訳で、やはり生活環境がメタボ、太る原因ということではないでしょうか?



つまり遺伝以外の要因が大きいのでダイエットも可能だということです!

気が付いたら、今すぐにでも生活環境を変えていきたいですね。


スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告