腸内細菌が崩れると体調不良の原因に?

無理なダイエットの弊害

ダイエットで単純に食事制限をすると様々なトラブルに見舞われます。

虚弱体質の改善にとってもマイナスになります。



ビフィズス菌や乳酸菌に代表される「善玉菌」の数が少なく、大腸菌やウェルシュ菌といった「悪玉菌」の数が増える状態



腸年齢が老化していて、便の質も悪化。

6割以上の女性が便秘の症状を自覚しているようです。



食事を取ったり取らなかったりといった不規則な食生活、毎日決まったトイレの時間を取れない。

お菓子やパンなど繊維質があまり含まれていない食べ物をよく食べる。

そしてダイエットによる食事制限などが理由に多いです。



長期間にわたる便秘の症状は、悪玉菌を増やしたり新陳代謝も悪くなり

・肌荒れ

・くすみ

・アレルギー

・肩こり

・肥満

・大腸がん

・大腸ポリープ

などの病気を引き起こす可能性が高くなります。



食べたものは出す!!

便秘の人は改善するよう心がけたいものです。





悪玉菌は悪くない




腸内で多量に増えすぎることは良くないけど「悪玉菌」は完全な悪者ではない!



善、悪と見ると悪は悪いと思いがちですが、悪玉菌の一種である大腸菌は他の有害菌が大腸に定着しないよう働いたり、ビタミンを合成するという大事な役割もあるので、悪玉菌をなくすと考えるのではなく、善玉菌を増やして腸内バランスを整えると考えた方が良いかもしれません。



善玉菌を増やすために摂りたい食材は、乳酸菌が豊富な味噌、漬物、ヨーグルトなどの発酵食品。



食物繊維を多く含む豆類、根菜類。



大豆、ごぼう、玉ねぎなどに多く含まれるオリゴ糖は、ビフィズス菌が増えるためのエサになるので日常的に摂るのがおすすめです。



ちなみに悪玉菌を増やすのは、肉類中心の食生活です。






スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告