不飽和脂肪酸とは?

健康的なダイエットに欠かせない成分の1つです。



DHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)の成分は不飽和脂肪酸と呼ばれていて、植物の油や魚の脂肪に多く含まれていて常温では液状で存在します。



不飽和脂肪酸は、人間の体内で生成できないため食事から摂らなくてはいけません。

体内の様々な組織(血液・筋肉の働きなど)へ栄養を与える役目をしている大切な脂質です。



そのため必須脂肪酸とも呼ばれています。



不飽和脂肪酸の代表的なものといえば、オリーブ油・菜種(キャノーラ)油・種実のオレイン酸は、善玉のHDL-コレステロールを下げずに、血中の総コレステロールを減らす働きがあり、動脈硬化を予防すると注目されています。



不飽和脂肪酸の働きは?




DHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)の成分は、不飽和脂肪酸と呼ばれていて青魚に豊富に含まれています。



脳の活性化や老化防止に役立つことで知っている方も多いと思います。



エネルギー源や細胞膜の材料となるほか、炎症を起こしたり血液を固めたりといった、体のしくみに働く生理活性物質の材料となります。



摂りすぎは肥満や脂質異常症などの原因となりますが、適量なら余分な中性脂肪を減らして、血栓ができるのを防いでくれるなど、血液サラサラの状態に保つと言われています。



コレステロールを下げるという有効な働きもします。





飽和脂肪酸の多い食品



一般的には、乳製品のバターやチーズ、肉類に多く飽和脂肪酸が含有しています。



飽和脂肪酸の特長は、含まれる脂肪が、摂氏20度程度では固形化していることです。



・鶏肉(スパーで人気なもも肉や居酒屋で大人気の手羽肉など)

・牛肉(肩ロース肉やちょっとカロリー多めのサーロイン、ハンバーグによく使われるひき肉、仙台で人気のタン)

・豚肉(肩口ース肉やひき肉)

・肉の加工食品(朝食に食パンと合うベーコンやお弁当の定番のソーセージなど)

・肉の脂身(ラードや牛脂など)

・洋菓子(パンのお供のバターやチーズ・ケーキに欠かせない生クリームなど)





全く摂取しないと、コレステロールが足り無くなってしまいます。コレステロールも取りすぎはいけませんが、不足するのもマイナスになります。






スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告