太らない食事とは?

食べ過ぎないこと



太らない食事は、実はどこにでも存在しています。



自然界の存在している動物たちのなかで、肥満や糖尿病の動物を見たことも聞いたこともありません。

一方、飼いならされた愛犬や猫の中には、肥満に苦しんでいます。

自然の状態の動物も、食べたい時に食べているのにもかかわらず動物は太らない。



こんな事を考えたことはないでしょうか?

では、一体、自然界の動物と我々ではどこが、何が違うのか?



それを追求していくと、自然界にあるものだけを食していれば、肥満になることもなくダイエットの必要もないということです。



つまり普通の食事をしていれば、本来、人間も太らないということ。



太らない食事とは、
・ご飯類、全粒粉などだけで調理されている食事

・お野菜や中々手に入らない、季節の果物

・魚、天然のお魚

お魚も脂肪分の多いトロは避ける。



・加工されていないオイル



本来、これらを食べていれば太らないハズです。



・お砂糖たっぷりの加工食品

・スナック菓子

・ケーキ

・お饅頭

・高タンパク、高カロリー食

・ポテトフライ



これらの食事をやめて、日本古来の日本食を食べれば太ることはほとんどないでしょう。



いま世界中でその粗食として馬鹿にしてきた日本食が見直されています。

その一番のダイエット食を食べずにいるのが世界では不思議がられる時が来るでしょう。



不足しているのはカロリーではなく、栄養素の方です。



忙しすぎることが原因


粗食と言われる日本食ですが、問題は料理をするのに時間がかかるため、お手軽なお弁当や加工食品につい手が出てしまいます



それが悪いのではなく、食べ過ぎだからです。

忙して食べなかなか料理が出来ないときは、糖質オフダイエットなどの手法を取り入れて、カロリーオフを実現して下さい。






スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告