全粒粉パンを食べてダイエット!?

全粒粉パンを食べてダイエット。なんて素敵なんでしょう。パンは小麦粉で作られていて、やはり炭水化物が多く含まれていますが、さらに砂糖がかなり添加されているので、お米以上に要注意です。



pan.gifパンを食べる場合は、完全に精製されていない粉を使い食物繊維などが多く含まれた、全粒粉を用いたパンが良いです。



ただ毎食にダイエット食としては、あまりオススメできません。



もしパンを食べたい場合は、お砂糖や小麦粉の粉に配慮できる自家製のパンがおすすめ。



いまは手軽に自宅でもパンが焼けるホームベーカリーが登場したので、非常に簡単にパンが焼けます。野菜などを混ぜると、虚弱体質の方にもおすすめ度が上がります。自分で焼く大きなメリットですね。果汁や野菜汁を使えばベスト。



筆者も2台のホームベーカリーを所持しています。


安いパンなどは特に注意が必要です。専門店のパン屋さんは、小麦粉は高価ですが安全なものを使っているところもあります。低価格をウリにしている所は、要注意です。




低価格なパンは危険?


小麦粉はほとんどが輸入されていますが、高いので低価格のパンを販売しているところは、パン専門店が仕入れるような小麦粉は本来、使うことができません。ではどうしているのか?ということですが、パンなどを作る専用の小麦粉ではないものを使います。



例えば小麦粉は輸入時には関税がかかるので低価格での仕入れが困難です。そこで、関税面で有利な小麦粉にお砂糖などが混ぜられた純粋な小麦粉ではない粉があります。このような粉は規制面で緩和されるので安く仕入れることができます。いわゆる混ぜ物がされているわけです。



このような粉は安全性にも配慮されていない可能性があるので、残留する農薬の検査なども行われていない可能性が高いので単に安いというだけでは、消費者も注意する必要があります。情報開示を求めれば、検査などにコストがかかり高くなっていまう可能性もあります。やはり安全に見合った正規の価格は、国内産の小麦粉やそれを使ったパンを基準に考えるべきでしょうね。



安さだけの食品には、十分にご注意ください。

私の知人は、安全で美味しいパンを届けています。




スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告