水太り 信じられない大きなミス!

水太りと体脂肪の関係



体重計に乗ったら「わ!体重がまた増えてる。」

「水、飲み過ぎたかな」

「きっと水太りだね。」



こんなことを真面目に考えた経験はありませんか?

この人、大きな勘違いをしています。



まず人間が太るには、脂肪が増えて体脂肪率が増加して初めてメタボや太ったことになります。お水を飲み過ぎたくらいで、脂肪が増えることは全くありません。



たしかに細胞や細胞間などに水が一時的に蓄積されますが、脂肪が増えたわけではありません。お水はカロリーゼロ0、つまり脂肪は増えません。



貯めすぎた水は、尿や汗になって排出され体重はまた元通りになります。安心して水分補給をしてください。それよりも怖いのは、暑い日などに水太りを恐れて水分補給をしないことの方が大問題です。体内の水分量が減少すると、血液ドロドロになり、血栓ができてそれこそ、心筋梗塞などの危険が。



また代謝も低下して、逆に太る要因にも。毒素が体内に蓄積されて不健康に。虚弱体質が更に悪化することにも。つまり水分は人間の体にとっては、非常に重要な原材料です。



水太りを気にする前に、食事や生活習慣の方を心配すべきです。間違った知識は、体重を落とすどころか増加させてしまいます。体内の水分量は60%以上もあると言われていますが、問題は体脂肪です。



もし水太りを本気で心配されていたのなら、今日限り考えを変えましょう。ちなみに水分不足になると、便秘などになることも。最悪のシナリオですね。肌にも潤いが無くなるかも。



でも、水太りを人に話すと、頑として受け入れられない人がいますが、私はそのような人に自分の意見を通すことはしません。そんなことで喧嘩にでもなれば、ストレスでやけ食いしてしまいそうですから。



必ず体重計に乗るときは、体脂肪まで計れるヘルスメーターにしましょう。体重だけを測定するのは意味がありません。
体重計の選び方

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告