勘違いダイエットって何?

ダイエットで痩せられない人が多発。



「それって、どこかおかしくありませんか?」



実は私も様々なやせる方法を試しましたが、ある勘違いをしていたのに気付きました。



書籍やテレビでダイエット法が紹介され、実際に減量に成功した事例が紹介されています。これはサプリメントなどの広告でも同じ事。



でも自分で実際にやってみても上手くいかない。だからいつまでも体重計にのるとがっかりするのです。



そこである仮説をたてました。その仮説がただしければ痩せられるはず。そこで実践してみたら、減量に成功しました。

いまでは7~8キロ減を維持しています。リバウンドなし。



その方法は、勘違いを正してから成功したと感じています。それが、個人差



つまり自分と他人の基礎代謝の差があまりにも大きいかったのです。



テレビで紹介している人と、同じ様なカロリー、食材で食べても体重が減らない。

これって、基礎代謝のスタートラインが全く違うからってことに気が付きました。



たとえば朝バナナダイエット。

もしテレビで1本食べた人がいて、自分も1本っておかしくありませんか?



しかもバナナって、大きさが結構違うんですよね。そこでも差がでます。小さな差なのかもしれませんが、毎日それを繰り返していくと積み上げると大きな差になっちゃうってこと。



この差を理解しないまま、ダイエットエクササイズしやうと、失敗の元なんですよ。



ちなみに私の基礎代謝は他の人よりも低いです。それは冷え症ということでもある程度は推測できます。つまりエネルギーを作り出す体温が低いです。



基礎代謝が低いのに、少々の食事制限をしてもあまり追いつかない。それどころか、さらに筋肉量が減少して太りやすい体質になってしまいます。


これって、最悪。増量エクササイズ。リバウンドまっしぐら。虚弱体質や冷え症を促進してしまいます。はり個々人に合わせた方法を選定して実践しないと、確実に成功するのは難しいってことがわかりました。



さらに問題なことがあります。その問題を回避するには、マル秘テクニックが必要になります。


スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告