ダイエットが成功しない!痩せない理由は体の冷えだった?

ダイエットが成功しない。
友達は成功して、半年で15キロも痩せたのに、自分だけ体重が変わらない。
それどころか、リバウンドして増えてしまった。

そんな経験をされている方も多いと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

餓え?綺麗に痩せるからダイエット

そもそも太るとは、脂肪が体に余分に蓄積させるから。
だから体に脂肪をため込ませなければ良いだけ。

そこで一番に食べないダイエットをする人が多いです。
でもこれって、発展途上国ではダイエットじゃなくて、単に餓えているだけ。

ダイエットというのは、体にプラスに働いて痩せれば痩せるほど女性はきれいになっていくのが、本当の意味でのダイエットのはず。

じゃ、なぜダイエットに成功しない人と、する人がいるのか?その辺りについて解説していきます。

食事制限は体を冷えさせる

まず食べないダイエットは、筋肉が少ない人は失敗のリスクが高いです。食事制限だけだと、体中から筋肉が減少していきます。

食べないだけだと、脂肪を燃やす前に、まず筋肉を燃やしていきます。食べないままだと、栄養がどんどん消費されて餓えていくので、あまりカロリーを消費しないように、一番カロリーを消費する筋肉から燃やしていくのです。

つまり単純な食事制限だけをすると、どんどん痩せにくいリバウンド体質に変化します。

そこで運動をして筋肉を減らないようにしつつ、脂肪を燃焼するわけです。食事制限だけで痩せにくい人は、もともと筋肉が少なかったわけです。筋肉はカロリーを消費しやすいのですが、悪いことではありません。

体温が低下すると太りやすい

体温が1度下がると、基礎代謝は約12%低下、免疫力も30%低下して、風邪などにかかりやすくなります。

虚弱体質など、活動が億劫になるとメタボ予備軍の仲間入りに入るかも。冷え症は、体を総合的に悪化させる元。それを招く間違ったダイエット法は避けるべきです。

筋肉が栄養を消費する時に熱を出します。体を動かすと、汗をかいて体が温まるのは、筋肉がエネルギーを消費している証拠。

逆に筋肉が少ないと、カロリーを消費せず体が温まりません。女性は元々男性と違って、筋肉が少ないので冷え症になりやすいのは筋肉量が少ない事も影響しています。つまりダイエットに成功するためには、筋肉を最低でも減らさないこと。

冷えと減量に運動は不可欠

体を冷えから守り本気で痩せようと思ったら、すでに減少している筋肉を元の正常な量に戻す必要があります。

体重を減らすためには、運動が不可欠なわけです。

運動といっても、

  • 膝を突いて腕立て10~20回、
  • エレベーターを使わず階段で歩く。

普段、楽しているのを少しだけ体を動かすことでも筋肉量を減らさず維持出来ます。

病院に入院すると、すぐに体中の筋肉が減少して体を動かさないとすぐに寝たきりになるくらいなので、普段、体を動かす重要性がわかると思います。

いままでよりも、少しだけ余分に体を動かす意識をするのが重要です。ちなみに成人の方の正常な体温は約37度。35度代の方は、かなり低体温と言えるかもしれません。何もしないと、カロリーを消費しにくいわけです。

筋肉を増やし脂肪を効率良く燃焼させるためには主に2点。

  • 豆類やお肉などのタンパク質を多めに摂る。
  • 脂肪を分解しやすくする為に野菜や酵素ドリンクなども活用すると効率良くダイエットできます。

酵素とプチ断食で10キロ痩せる方法

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする