三大成人病 疾病とは?

三大疾病大人になるとかかる病気の中でも、特に患者数が多い病気の3つの事です。 現代病で、呼び方は様々言われていますが、次の様に呼ばれています。

  • 癌(ガン)悪性新生物
  • 心臓病
  • 急性心筋梗塞
  • 心筋梗塞
  • 虚血性心疾患
  • 脳卒中
  • 脳血行障害

行政と保険などの関係で、呼ばれ方は異なりますが、意味合いは分かると思います。

その他にも、肥満や肝臓病、ストレスから胃潰瘍、十二指腸潰瘍、花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギーなども増えています。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

危険なのはどっち?

鳥インフルエンザや、死亡率の高い感染症や狂牛病、エイズなどは騒ぎ、狂牛病の時は、牛肉をさけたりいませんでしたか?

死者数でいえば、はるかに少ないのですが、それでも大騒ぎをします。

一方の三大成人病の方は、死因のかなりの半数以上を占めるのにもかかわらず、甘いスイーツは食べる。タバコは吸う。偏食は続ける。これは緊急度が低いからなので、つい、まあいいか。

今日くらいはという感じで、ついおろそかにしがちですが、実はもっとも身近で危険で重要なことです。 適切に食生活を心がければ、健康を保てる病気です。

三大成人病、生活習慣病は、適切に健康的なダイエット法を行えば予防することもできます。 長寿、寿命を延ばすには三大成人病、生活習慣病は避けなければなりません。

三大成人病の増加の三大原因とは?

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする