ダイエット水とは?

お水で痩せる!?



よく水太りなんて言葉を口にする人がいますが、本来、お水で太ることはありません。



もちろん体に一時的に多くの水が蓄えられて、体重が増えることはありますが、その程度の余分な水分はやがて体外に汗や尿となって排出されるので、全く問題ありません。なにもお水を飲んだら脂肪が増える訳ではありませんから、安心して飲んで下さい。



それよりもむしろ、お水を飲まないことによる弊害の方が多いのです。


お水の浄化作用


我達の体はその主成分はお水で出来ています。たとえば私たちの体温を足の先から頭の上まで、温めたり冷やしたりしてくれている血液も、そのほとんどはお水でできています。また細胞もそのほとんどは水でできています。水を除去したら、灰しか残らない位ほとんどが水分です。



その水は体の中で栄養を運んだり、体の不純物を体外に汗や尿として排出してくれます。血液の濃度も調整するために活用されています。このようにお水は体にとってもっとも重要な主成分の1つです。もしこのお水を摂らないと、血液がドロドロになったり血栓ができて、心筋梗塞なる可能性もあります。



また摂取する水分が少ないと、体の老廃物を体外に出す機能が衰えて、老化の原因の1つにもなります。ですから日頃から水はできるだけとることが望ましいのです。もちろん虚弱体質の方で、飲み過ぎるとお腹を壊してしまう方もいるので、その様な方は冷たいお水はさけて、ちょっと薄めの色が付いた程度のお茶や紅茶などで飲むと良いでしょう。ダイエットをしている方は、この水分の補給に手作りの野菜ジュースを1日1杯飲むのも良いでしょう。



このお水、体にとっても大事なものだと分かったと思いますが、科学的な塩素が入ったものはあまりオススメできません。できればダイエットにも良い、ミネラルを多く含んだお水やできれば、比較的多くのお水を飲むなら経済的なウォーターサーバーが良いでしょう。



お水の料金を気にするくらいなら、安価で安全なウォーターサーバーが良いと思います。いまは選択肢も多いので、赤ちゃんやペットのいるご家庭でも、選ばれていますから。




スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告