健康な腸 不健康な腸

038.jpg健康な腸、不健康な腸について

腸が正常に働かないと、健康に悪影響を及ぼしダイエットも成功しません。



健康的な腸の粘膜は、ピンク色でツヤツヤしているそうです。

とは言っても、自分で腸の色を確認できるわけではないですが・・・



そして腸が元気で若々しい人は、外見も若々しくて体も元気いっぱい。

健康的に長生きできるそうです。



そう!寿命が延びるのです。

0-07.jpg不健康な腸は、弾力がなくて色も黒ずんでいるそうで全体的にみて年よりも老けて見え、それに比例して、体も不調だらけです。虚弱体質の原因の1つですね。



便秘がちで、そのたびに薬を飲んでいる友人がいますが、できれば薬ばかりに頼らずに、自分の力で改善することも大切ですね。

そのためには、毎日の食事や生活習慣によって健康的で元気な腸になれるのです。



良い便 悪い便


便にも良い、悪いがあります。



良い便とは、バナナのような形をしていて黄土色~こげ茶色で適度に柔らかい。



悪い便は、水分をほとんど含んでいないカチカチに固い便・水分は50%以下で、ウサギのフンのような小さくてコロコロしている便・切れが悪く、何度拭いても残便感が残るようなネットリとした便・水分が多くユルユルで下痢の時のような便



腸が健康だと良い便が、腸になにかトラブルがあれば悪い便になります。

食べたもので、便が変わりますね。



私は、辛い物が好きで食べられるのにキムチを食べるとユルユルの便になってしまいます。

腸は辛いものが苦手なのかもしれないと思い、食べるのをやめています。



【体験談】

「腸」すっきり!!



何年か前の話ですが、2~3日間ずっとお腹が痛いと言っていた後輩が病院に行って、レントゲンを撮って見せてもらうと、長い腸に便がギッシリ溜まっていたのが原因とのことで、すごく恥ずかしい思いをしたそうです。



浣腸と薬で、便を全部出し切り「腸」すっきり!とタイトル通りですが、慢性的な便秘や下痢など、腸の不調が気になることはありませんか?

健康な人は1日3回食事をした場合、3回便が出るという話を聞いたことがあります。



食べたものは必ず出さないといけないけど、食べたものすべて出しているのか宿便はないのか、気になっています。(調べたら宿便は実際にはないそうです。)



腸の健康をおろそかにするのは、とても危険だそうです。

腸の健康について考えてみたいと思います。



腸内環境

腸になんらかのトラブルが起こっていて悪い便が出る時は、そのトラブルを改善するために、腸内環境を整えることが必要です。健康な腸内環境は、善玉菌が優位なるような食生活を心がけなくてはいけません。



善玉菌は、消化吸収を助けて腸の健康を保つために欠かせない菌(乳酸菌や、ビフィズス菌など)で乳酸菌製品やオリゴ糖・食物繊維を好みます。不健康な腸内環境は、悪玉菌が優位になっていています。



肉類・脂肪分を好む悪玉菌は、便を腐らせて臭いオナラの原因になりますし、病気や不調を引き起こします。腸内環境を整えることで、良い便だけではなく、健康な血液をつくったり、免疫力を高めるので、傷の治りが早くなるし風邪をひいてもすぐ治ります。



ガンに対する抵抗力も高まりますね。


スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告