中年太り メタボの正しい解消法とは?

中年太りは内臓脂肪がしっかりと蓄えられます。内臓脂肪は必要なものですが、多すぎると生活習慣病になり、寿命が短くなる恐れも。健康診断で恐ろしい数値を目にすることになるかも。



中年太りの解消法


中年になってから、内臓脂肪が増加するのは自然な流れです。しかし、現代社会のような便利な生活では、内臓脂肪が想像以上に体内に蓄積される恐れがあります。



そこで必要以上に貯め込まないことが大切です。



・適度な運動

・適度な食事制限



この2つが大切ですが、適度の割合を誤ると中年太りを解消するどころか、さらに悪化させることになります。ありがちなのが、適度な運動ではなくやり過ぎるケースです。


過激な運動は逆効果


全く運動をしていない中年の方が、いきなりジョギングをしてしまい、心筋梗塞などで道路脇で倒れてしまうなんてことにも。歩くだけでも、ある程度の効果が見込めるので適度な運動が大切です。弱っている血管に、過度の負担をかけるのもよくありません。



食事制限も適度な食事制限が大切です。



中年になると基礎代謝が低下して、1日に必要な消費カロリーは少なくてすみます。若い頃と中年の時の消費カロリーの差の分だけ、食事を制限するだけで良いのです。制限し過ぎると、より中年太りを加速することになります。



食事の制限をするのが苦痛であれば、基礎代謝で落ちた消費カロリー分を、運動で消費しなければメタボ、肥満に一直線になります。中年太りは進行すると、体の様々な健康診断の数値が悪化して、病気になるリスクが増します。



とはいえ、急激な体重を減少させるような、過度の自己流ダイエット法は避けるべきです。
急激な体重減少のダイエットは失敗する?


スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告