体温と痩せやすい体質

平熱は?

体温と痩せやすい体質には関連性があるようです。



土・日の休みを利用して小学生の甥っ子が遊びに来ました。母は孫がかわいいので、公園や映画に連れて行ったりと喜んでくれそうなプランを立てていたのですが。



コンコン咳をしていたと思ったら目もうつろになってきて元気もなくなり、結局2日間寝込んで終わってしまいました。



顔も耳までも赤くハァハァと息も荒かったので熱を計ってみたら36.9℃。



子どもは体温が高いからたいしたことないという話を主婦の友達に話をすると、最近、低体温の子どもが増えているそうです。



普段、体温が低ければ36.9℃でもかなり辛いと思うよと言われて納得しました。



風邪をひいて調子が悪い時や、なんだか熱っぽい時には体温を計ると思いますが、健康だと感じている時は、あまり計ることがないと思います。



普段の体温 知っていますか?


体温の変化

人間の体温の平均は36.0~37.0℃くらいだそうです。(体内の酵素が最も活性化され、働いてくれる温度です。)



37.0℃くらいだと微熱があると判断する体温かと思っていましたが違うのですね。



平熱は年齢や性別によっても多少違っていて子どもの平熱はやや高めで、お年寄りはやや低めだそうです。また女性の場合は、生理の周期などによっても変化します。



一日の中でも体温は変化します。朝起きてから体温は上昇していき午後の2~3時頃がピーク。夕方から夜にかけて下がるのが一般的です。



体温が上昇する朝から昼過ぎの時間は、体は活動的になります。学校や仕事・家事などをしなくてはいけませんよね。



反対に夜になり、体温が下がれば眠くなります。昼間動かしていた体を休めようと体温は、しっかり管理してくれているんですね。



このような生体リズムは、私たちが健康に生きる上でとっても重要なのです!


低体温

「低体温」とは、36℃未満の状態のことをいいます。



以外に体温が1℃ 2℃上がると、熱があるんじゃないかと気にしたり心配になったりしますが、体温が1℃ 2℃下がっても気にしたり心配する人は少ないと思います。



私は低体温なのか?

普段の体温はどのくらいなのか?



1週間ほど夜の落ち着いた時間に毎日計ってみましたが36.7℃くらいで低体温ではありませんでした。



低体温だと、酵素の働きが低下するため、新陳代謝が悪くなり、免疫力も低下し、病気になりやすくなり

花粉症などのアレルギー症状も出やすくなると考えられているそうです。



そう言われてみれば、あまり病気になって寝込むことはありません。よく風邪をひく人は低体温かもしれませんね。痩せたい方や虚弱体質の方も基礎代謝を低下させる低体温の対策は必須ですね。


スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告