ダイエットが成功しない理由

diettumamu.jpg



今度こそダイエットする! そんな声も空しくお腹の脂肪をつまむ。

そんな繰り返しをしている人も多いでしょう。



ではなぜ、ダイエットは成功ないのでしょうか?




誘惑がいっぱい

cake01.jpg



テレビをつけると、美味そうなビールでいっぱいやるシーン。



サービスエリアの美味しい物特集、旅館でふぐづくしの映像。銀座の有名店のケーキ。そんなよだれが出そうな番組を見て、食欲がでないわけがないでしょう。



外出先でも、すごく魅力的な食玩の料理が目に飛び込んで来ます。

私も、空腹を我慢しながらでは、くらくらしてきます。


食事制限

人間はお腹が空いたら、お腹いっぱい食べるというのは本能だと考えられます。



そもそも、お腹が空いたらすぐにお腹いっぱい食べられるようになったのは、ごく最近のことです。昭和の初め頃までは、食糧事情が悪く、お腹いっぱい食べたくても、それこそ1杯のかけそばを分け合うような事が現状でしたから。



それがいまでは、餓えに苦しむ人は、ほとんどいなくなりました。空調も整った部屋でテレビを見ながら食事をできます。その上、食べたいものが、食べたいだけ制限無しで食べられる環境なのですから。



人間も動物です。活きるために食べられるときに、いっぱい食べて脂肪に蓄えて飢饉の時に備えよう。そんなプログラムが遺伝子に刻み込まれていても不思議ではありません。



そんな本能に逆らって、豊富な食材を目の前に食事制限をするのですから、強靱な意志がないと長続きしないのも無理はないですね。


痩せている人もいる

yase01.jpg



世の中にを見ると、メタボ体型の人が多いとも言えないでしょう。



街ゆく人を観察していると、あまり気になる様な人は見受けられません。特に若い女性はみんあスリムに見えます。中高年になると、少しふっくらしているのは、何となくはわかります。



ではなぜ痩せたいのか?



芸能人で人気がある女優さんや歌手、モデルさんが痩せていて、かっこういいから。イメージ戦略にはまっているからではないかと、ちょっと思ったりもします。



痩せている人は、数々の誘惑にも乗らず。食事制限もしっかり、自分のペースを失わないということがあるかもしれません。それ以上に食べ方にヒントがあるかもしれません。


食べ方にヒントあり

wasyoku01.jpg



ハンバーガーにポテト、これって炭水化物の固まりですね。炭水化物は体内で糖質になり、消費しきれないものは脂肪として体内に蓄えられるのはご存知だと思います。



つまり太るのは食べ過ぎ。だから食事制限をするわけですね。例えばハンバーガーとポテトだったら、ポテトを少し控えるというのも、食事制限になります。



完全にハンバーガーも止めてしまうと、ストレスが増大するので、もし控えるなら少し量を減らして体を慣れさせるのが良いでしょう。



急激な変化を与えすぎるから、ダイエットに失敗する確率が増すのです。変化は体が一番嫌うことですから。
そんな観点から、和食にサラダを付ければバランスの良い食事なります。



成功させるには、少しずつ減らしていく。食べたければ、野菜も多く摂ってビタミン類やミネラル分を供給して、脂肪を燃焼しやすく

することが大切です。



脂肪はそれらの栄養素が不足していると、効率良く燃やせないからです。でも、ハンバーガーに含まれている野菜はごくわずか。とても足り無いです。



そんな時は、不足している栄養素をサプリメントで補うというのも、選択肢の1つだと思います。無理せず減量に取り組む。これが長続きして、結局は成功することになるのではと考えます。


スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告