むくみは危険な症状?

むくみ(ムクミ)について情報が寄せられました。無理なダイエットも同様な症状が見られる場合があります。参考になりますので紹介します。



働く現代女性にとって悩みの種の一つといえば『ムクミ』ではないでしょうか。



ブーツが夕方になると脱げない、指輪がはずしにくい等々よく聞くお話です。

もちろん男性でも手がパンパンにむくんでいらっしゃる方などはよくお見かけします。



実はこの『むくみ』あなどらないほうがいいなにかしらの兆候といえます。

私の父親もガン患者でしたが、病気が進行するとむくみが悪化します。



日本女性は便秘であれむくみであれ、大病と関連する症状をしれっと話すので本当に驚いてしまいます。

日本はかつての健康大国ではなくなってきているのですから健康や病に関する自衛知識は早く普及して欲しいと願います。



むくみは貧血や心臓疾患、腎炎、肝硬変、甲状腺機能異常などが考えられます。

手足のむくみは主に心臓や胃腸、顔(とくに瞼)の場合は腎臓の健康が心配です。特定の場所がむくむ場合は骨盤や血管が問題です。



いずれにせよ体内のバランスが崩れているサインであることに間違いはありません。



栄養学的にはナトリウムとカリウムのバランス崩壊が考えられます。

カリウムは余分な水分を排泄するミネラルです。現代人はなにかと塩分過剰気味ですので、ミネラルバランスは壊れている方がとても多いです。



カリウムが不足すると嘔吐や下痢が続くようになります。ひどい場合は低カリウム血症を引き落とし、不整脈や筋肉の震えといった致命的なダメージを体に与えます。拒食症の患者は低カリウム血症に陥りやすいといわれています。



低カリウム血症は最悪の場合、不整脈で亡くなってしまいますので、日頃から気をつけておきたいですね。



心臓というポンプが弱っている場合には補酵素Q10がレスキューになってくれます。

胃腸や腎臓はストレスや冷えに弱い臓器です。お風呂にはできる限り毎日入りましょう。

あらゆる外的要因から身を守り、ストレスと戦うために私たちには日々十分な栄養素が必要です。

毎日の食事とサプリメントはまさに転ばぬ先の杖!


むくみが長く続く場合には病院に行くようにして下さいね。






スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告