日本人は体重計を気にしすぎる

体重ではなく、あれが問題です!



私の友人から聞いた話しですが参考になるので、紹介します。



その友人の話~



異業種交流会で、ベリーダンス講師の方と知り合うことができました。



ベリーダンスを生で見たことがないので、興味があり話を聞いていると、

「どう?良かったらやってみない?」と言われたのですが…



ベリーダンスの衣装って、露出度が高くないですか?

しかも一番気になっているプヨプヨのお腹部分が丸出しなんですよね。

ベリーダンスを習っている方ってスタイルの良い人が多いのかな?腰も使うし。



普段買う洋服もお腹周りが隠れて、少しでも痩せてみえるものを選んでいるのに、とても自分のお腹をさらけ出してやる勇気なんて私にはないことを伝えると、もともとベリーダンスは、どれだけプヨプヨしたお腹を揺らすかが魅力的なのだそうです。



世界からみて日本人だけが、ダイエットだの痩せたいだの体のことを体重のことを気にしていている。本当に大事なのは、体重ではないのにと言っていました。



~ここまで



体重計で、自分の体重を測定するのは私は良いことで、もっと気にすべきだという考えですが、問題は体脂肪の方です。いくら体重を減らしても筋肉を減らして、ぶよぶよの体でいくらやせても、見た目は最悪になるので、女性が綺麗にやせるには筋肉を増やすことが大切です。



筋肉といっても、バーベルを上げるような体型ではなく、たとえばフィギュアスケーターのような、筋肉質のイメージです。




ダイエットを意識したら?


安易に考えてしまいがちな食べる量を減らすのではなく、食事の質を変えるのがやっぱり大事です。

お腹いっぱい食べてもカロリーの低いものなら、すっきりスリムになれるはずです。



カロリーの低いものといえば、野菜や海藻・きのこを使って料理のカサを増すことで、満腹感を味わうこともできますし、カロリーダウンにもなります。



野菜や海藻・きのこなどの食材は、食物繊維が豊富なのでお通じを良くしてくれるため

(やっぱり食べたものは排出しないと!体にため込んでいちゃダメですよね)



ダイエット効果も倍増してくれること間違いナシ!!

日持ちする切り干し大根や寒天のような乾物も良いですよ~



おじいちゃんがいる友人宅でも、やはり和食でカロリーが低いものが食卓に並ぶことが多いので、そんな環境に感謝して、ダイエット頑張ります!って言われていました。




スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告