急激な体重減少は危険がいっぱい

勘違いダイエットは病気になるかも



冬場は厚着で体のラインがわかりませんが、春から薄着になり夏までにはと日頃から「痩せたい 痩せたい」と言っていた友達。



ひさしぶりに会うと、ひと目見て痩せたことがわかるほどになっていましたが、1カ月で急激に痩せたせいか、キレイだった肌も荒れていて顔色も悪そうで、とても健康的とはいえなく頬がこけて少し老けた感じにみえました。



話を聞くと、ここ1カ月仕事で毎日遅かっただけでなく、旦那さんの体調不良や息子さんの受験など予定していたことが、すべて重なってしまって忙しさとストレスを抱え生理不順にもなり、髪の毛をとかすたびに数多く抜けるという、新な悩みができてしまったそうです。



急激に体重が減少することで、体には相当の負担がかかり、生理不順や抜け毛といった症状が出るまでになるなんて、とても思いませんでした。



急激な体重の減少は危険がいっぱいありそうです。

虚弱体質の方なら、その他の体の部位も悪くなりそうです。




筋肉を落としてはダメ!


ダイエットと検索するだけで、たくさんのダイエット方法が出てきます。



○○だけダイエットのように、食事を一切摂らずにリンゴと飲み物(水)だけにするとか、○○抜きダイエットのように、糖質を抜くなど食事をコントロールしたダイエットで、体重が減ったとしても、1カ月2kg以上の減量は脂肪が落ちたのではなく、筋肉と水分が落ちただけなのです。



たとえダイエットに成功して痩せることができ、目標体重になったとしても、筋肉がなくなり、貧弱に見えてしまうのであれば意味がないと思います。



大切なのは「何を落としたか?」だそうです。

筋肉を落とすのは厳禁です!

短期間でのハードな減量は、骨密度の低下を招くこともあり栄養バランスも乱れてしまいます。




スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告