人間の体は約6割が水分

人間の体は約6割が水分!



人間は水分がないと生きていけません。



体重のわずか2~3%の水分が失われても、脱水状態におちいってしまうのです。



そのためには、体内の水分を一定に保つ必要がありますが、夏の暑い日には大量に汗をかきますし、尿などから水分は失っていきます。



熱中症対策でも、こまめに水分補給をするように積極的に呼び掛けています。



喉が渇いてからの水分補給では遅いそうです。喉が渇いたなぁ~と脳が感じる時には、すでに体内の水分が不足していてカラカラなので、感じる前に水分補給をするようにして下さいね。



そして私の友達にもたくさんいるのですが、「水分補給」だったら何でもいいよね?!



それだった飲んでるよ!という子の飲んでいる物は、ビール!



アルコールには利尿作用があるため、水分補給にはならないそうです。



虚弱体質の方は、飲み過ぎて胃腸を壊さないようにしたいものです。しかし、真夏は要注意です。


熱中超対策

熱中症のリスクを避けるためには、どんなことを気を付けたら良いのでしょう?



私の部屋は2階なのですが、階段を1段ずつ登るたびに暑く室内はムンムンの暑さです。仕事に行っている間、窓を開けていきたいのですが防犯対策や突然の雨が怖いので開けられません。



家の屋根も壁も熱くなっているので、エアコンをかけてもなかなか冷えません。



窓から入る直射日光が部屋に入るのを防ぐために、遮光カーテンやすだれ・ブラインドなどをつけると、かなり違うと思います。



エアコンや扇風機を適度に使用して温度調整をはかったり、室内の換気をこまめに行いましょう。



外出時は、帽子や日傘を使って暑さを避け風通しの良い速乾性のある衣服を着用。



無理をせず気分が悪くなる前に必ず休憩して下さいね。


スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告