コーヒーダイエットで劇的な変化

巷には、数え切れない程のダイエット法があります。その中で注目したのは、コーヒーを飲んでダイエットする方法。



虚弱体質な私は、あまり多くは飲めないので、1日に何リッターも飲めないと効果が無いようなものは実践ができません。でも数杯で痩せられるならと思い、嫌いなコーヒーを飲み始めました。



ところがいつまで飲んでも痩せる兆しは見られませんでした。研究などでは、コーヒーは効果があるとか脂肪の燃焼に一役担うなんていう情報もあるようですが、私が実践した限りは効果は?でした。



コーヒーを飲んで痩せる効果よりは、食後に飲むことでそれ以上は何も食べないということの方が大切だと思います。コーヒーを飲み終えたら間食はしない。食べないということが大切です。自律神経の働きを良くするという情報もありますが、個人でそれを確かめるのは困難です。



痩せる目的で飲むよりも、コーヒーを楽しむゆとりをもって、食事の反省をした方が大切かもしれません。食後に「今食べ過ぎたかな?」とか「早くたべすぎたかな?もっと良くかんだ方が良いかな。」などと振り返って、次の食事を考えることが良いのでは。



もっとコーヒーの香りを楽しめると、より良いのかなと思います。



コーヒーの代用として有名なのはタンポポコーヒーで、私は実際に作って飲んでみたこともあります。大豆コーヒーなど多彩な代用コーヒーがあります。



コーヒーは脱臭効果があるともいわれています。またカスは、堆肥として肥料としても活用されます。もしダイエット効果が示されたとしても、カフェインは摂りすぎると、健康を害する恐れがあるのでほどほどが大切です。



1日1~2杯を、香りと共に楽しむと良いのでは。もしお昼の3時位に、ちょっとしたスイーツと共に頂ける環境だと太りにくくて最高の贅沢な時間かもしれませんね。そんな生活は、ストレスが低下して劇的な健康改善につながるかも。


スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告