太らない食べ方で簡単ダイエット

好きな食べ物をガマンするくらいなら●●した方がマシ

好きなものが食べられ無いなら、というセリフを良く聞きますが、血糖値が高くなり糖尿病やインスリンの注射が必要になる病気や手術になると、初めて、あ~今度から気をつけようとなります。

そこまでしないと、「習慣は変えられないのでしょうか?」そうでは無いはずです。 ほんの少し考え方を変えるだけで、健康的に痩せることができます。子供の頃から食事は、よく噛んでゆっくり食べるように指導されていますね。

虚弱体質ですぐに胃腸を壊していた私は、特にゆっくりとかんでいました。 ゆっくりとかみながら食事をするのは、ダイエットをする上でかなり良いことです。人が食べ物を口にしてから満腹と感じるまでに、少々タイムラグがあり時間にしておよそ20分あると言われています。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

早食いは太る原因

lunch.gif

食欲をコントロールしているのは、大脳の視床下部にある満腹中枢と摂食中枢と呼ばれる器官で、満腹中枢が20分後に「もうおなかいっぱいだ」と信号を出すと今度はその信号を受けた摂食中枢が食欲を抑えにかかるという。

血糖値が上がり、満腹感が増します。 5~10分程度のいわゆる”早食い”をすると、この信号が出される前に食べ終えてしまうため、まだ物足りなさを感じて食べすぎてしまう。早食い競争などダイエットをするものにとっては最悪です。

胃腸にも悪い。 ランチバイキングなどは、元を取ろうなどと考えるので時間を気にしながら、ついつい早食いになってしまうので、避けた方が良いでしょう。 ではどうすれば良いのかというと、早食いしない為にはよくかむことが大事です。

ゆっくり噛んで味わう

お子さんでもやれる簡単なことです。今日から「ひと口20回以上噛む、1回の食事にはおよそ30分かける」ってのを試してみてはいかがでしょうか?

よくかむだけで 食事を減らすことが可能になり、簡単にダイエット効果を期待できます。 これなら誰でも簡単に始められますし、辛いって事もないでしょう。ゆっくり噛んで味わうのが一番。

ダイエットできないメタボな人に限って、時間がなかったりして自然と早食いになり、お腹が空いてると一気にガツガツ食べてしまう。

忙しいサラリーマンや仕事の関係で、あまりゆっくり食事を取れない方の場合は、腹八分目ではなく腹七分目を心がけることが大切です。この意識だけでも、摂取カロリーを必要な分だけ摂ることができるような習慣になります。

くれぐれも早食いの習慣化にはご注意下さい。 1日5食ダイエット これならやせる!

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする