長ネギの驚くべき栄養価

長ネギで栄養価が高いのは緑の部分?白い部分?

nabe.gif

ネギの特有の匂いは、硫化アリルという成分で、ビタミンB1の吸収を高める働きがあります。 血液の流れを良くする働きがあるので、寒い冬の時期、忘年会や新年会に家で鍋料理にめ長ネギを入れて食べると、血行がよくなると言われています。

さらにネギには、体内の過酸化脂肪を抑える働きがあり、肌の老化防止やシミ対策に効果が期待できる、女性にとって魅力な食べ物。 他にも神経をしずめたり、体を温める効果もあるので虚弱体質の方や冷え性や不眠で悩んでる人におすすめです!

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

栄養価が高い

体を冷やす食材は、体の健康のためにできるだけ避けた方がいいので、体を温める食材を食べるようにして下さい。 長ネギで栄養価が高いのは、緑の部分で ビタミンCや カルシウム、カロチン、 カリウムが豊富です。

白い部分は、鼻づまり・腹痛・下痢など風邪の初期症状に有効な成分が含まれているとされていて薬効が高いそうです。体質改善にも最適な食材です。

ネギの保存

ネギは簡単に栽培ができます。ネギの根付きなら、お水に挿しておくと再生して葉が出てきますので、食卓で緑を楽しむことができます。 おしゃれな容器を工夫すればバッチリです。

さらに冬以外の季節なら、ネギの根を、プランターに土に埋まらない程度に、土をかぶせておくと再生して大きく育ちます。保存もできるので一度、お試し下さい。

土は園芸用の培養土というのがホームセンターなどで入手できます。野菜用とお花用があれば、野菜用を購入してください。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする