朝食を抜くとメタボになる? zip

朝食を抜くと太る


朝の情報番組のzipで、2013年4月9日の放送分で、朝食を食べたり抜いたりすると、いつ食物が体に入るかわからないので、内臓脂肪として蓄えるから、朝食は食べるようにしましょう。という趣旨で放送されていました。



このサイトでは、同様の趣旨で繰り返しお伝えしていますが、これは何も朝食に限らず昼食、夕食でも同じ事で、食事を抜くことはメタボへの道になるので、必ず3度の食事は食べることが大切です。



特に食べたり、食べなかったりは最悪

どんどん体に脂肪を蓄える体に、教育しているようなもので、その結果、30や35才、40才を過ぎてから体重計にのったり、鏡を見てお腹がぽっこりになってしまいへこむ。というのは自然な流れなわけで、これは筆者も経験しているのでいまは反省しています。



しかしその場合でも、このサイトで紹介しているエレメントダイエット法など、ご自身にあったダイエットを継続して取り組めば、メタボから解消されでしょう。


内臓脂肪撃退


やっかいなのが内臓脂肪です。食事制限をしても内臓脂肪を減らすことは難しいです。というのも、一旦は内臓脂肪は食事制限をすればある程度は減るのですが、その後にリバウンドする確率は、たいへん増えてしまうので、単純な食事制限のダイエットは恐ろしくておすすめできません。



やはり食事制限を試みるなら、適度な栄養を確実に摂取した上で適度な運動を組みあわせないと、さらなるメタボがあなたを襲うことになるでしょう。



ダイエットは正しい知識と手法で取り組むことが大切です。虚弱体質の改善にもなるので、ぜひ正しく取り組んでいただきたいものです。適度なサプリメントの使用は忙しい主婦やサラリーマンにもおすすめです。






スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告