カロリー制限と老化の研究

カロリー制限と老化の研究 テレビや雑誌などで、この記事を見たり読んだ方もみえるかもしれません。

アメリカのウィスコンシン大学で「カロリー制限と老化の研究」のため1989年から、人に近い2匹のアカゲザルの観察データをとっているそうです。

そこに登場したカントとオーエンという名前のサルは、同じころに生まれ2009年、人間でいうと70~80歳くらいになっていました。

何かに違いを与えて、育てられた2匹のサルの写真や映像を見ると、素人の私でもはっきりわかるくらい若さ?の違いがあって、まるで同じ年齢のサルとは思えないのです。

なぜこのような実験をしているかというと、人のも同じことがいえるからなのだそうです。 何かに違いを与えたもの?大変興味がありました。知ることによって、若々しくなれるということです。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

カントとオーエンの老化の違いは?

2匹のアカゲザル「カント」と「オーエン」は、見た目や健康状態に、ビックリするほどの差があらわれていました。

カントは、毛並みにつやがありフサフサしていて、目力がありも鼻筋がスッとしています。スリムな体型を維持していて若々しくみえます。行動を見ても、元気で機敏に動きまわっているという感じです。

一方オーエンは、毛も抜け落ちところどころ生えていて、背中も曲がっていて顔はシワが多く、全体に垂れ下がっています。 ほとんど動かないので、2匹が同じ年齢にはとても思えません。

きっと比較した写真や動いている様子の映像を見た方は、この違いに驚かれたと思います。 どうして老化の違いがでたのか?それは、食事ということです。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加