動機付けダイエット

動機付けダイエット



虚弱体質の方がダイエットをするのは、ある意味、動機付けがはっきりとしています。



それは、体調がすぐれないから。



なんとか体を丈夫にしたい!という動機があり、さらにその体調が悪ければ悪いほど、その動機が強いものになりやすいです。でも、ただ何となく痩せたいという気持ちでは、まずダイエットを続けるのが困難です。



これは私も経験していることです。





そこで強い動機をどうやったら、会得できるのか?




強い動機を持つ方法



動機というと、何か犯罪の時の動機を思い浮かべる人もいるかもしれませんが、人は何かを行動する時に、無意識に自分が行動するための理由付けを行ってから、動く傾向があるようです。



痩せたいという動機は、動機になっていなくて、もっと深く考える必要があります。



そのような時は、自問自答すると、案外早く見つけることができます。



Q:痩せやたい。ダイエットしたい理由は?



A:健康になりたい。





Q:では、健康になりたい理由は?



A:定年後に、夫婦でヨーロッパに1ヶ月間の旅行がしたい!





という目標動機が必要になります。





もっ具体的に、60才で会社を退職して、イタリア、フランス、イギリス、オランダに各10日間いく。



どこどこのホテルに宿泊して、○○のお店でフレンチを食べて、どこどこの観光地を巡る。





と、さらに具体的に落とし込んで行きます。



そして、その値地を歩くには、たとえば階段が多い。歩く道が悪い。



歩く距離も、かなりありそう。

でも、いまは歩けない。





だったら、週末に夫婦で歩こう!

とか。



田舎に行って、史跡を見ながら歩こう!





歩く、ウォーキングってあんまり楽しくありません。いつもの街をただ散策するだけなのは、面白くありません。だから、いまから行けるところで、歩きながら未来を夢見る。



これって非常に重要なことです。





いま行動する意味が、未来のヨーロッパ旅行の練習になります。それなら、続けて行けそう。楽しいから。

海外の史跡などを見る前に、手軽にいけそうな日本国内を旅行する。



その旅行先で歩く。

もし国内で歩いて何かトラブルがっても、取りあえず国内ならなんとかなります。



だったら、お金を貯めつつ、少しご褒美を体の為に使うのって素敵だと思うのです。



楽しくダイエットすることを考える。



これが健康的で楽しく、長続きするダイエットの動機にもなります。





ただ1つ大問題が浮上します。



国内旅行をすると、いっぱい美味しいグルメが見つかることです(汗)





グルメはほどほどに





・・・・・










スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告