虚弱体質でも家庭でできる運動・ダイエット

トップページ >Q&A> 消化吸収が悪いものが良い理由とは?

消化吸収が悪いものが良い理由とは?

ダイエット法の常識も時代によって変わる本当にやせる真実とは?

消化は遅い方が良い

子供の頃に、消化が悪いものは体に良くないと教わった方も多いと思います。

消化が悪い = 体に良くない ・・・は昔の常識です。


消化がゆっくりなものが良い時代

食糧事情があまり豊富でないころは、出来る限りすぐに消化吸収して、早くエネルギー源になることが望ましいとされていました。しかしいまは、物あまりの時代で、食べたいだけ食べられるようになりました。忙しくてあまりたべられないよ~だから飴しかなめられない。と言う方。

聞いてみると1日10個も20個も飴をなめているといいます。
飴、1個あたりのカロリーは大きさやメーカー種類によってもことなりますが、1個15キロカロリー前後あります。ちゃわん軽く1杯のご飯が150キロカロリー前後ですから、飴を10個食べればご飯1杯食べたのと同じ事になり、意外とカロリーを摂取していることになります。

しかも消化吸収が良いので、どんどん食べると血糖値も上昇してしまいます。その上、お砂糖が入った缶コーヒーやジュースを飲めば、一気に血糖値が上昇します。

前菜に取り入れたい食材

ダイエットするなら、消化吸収が良く無いものを中心に食事を組むことが大切です。

たとえばゴボウやひじき、海藻類、キノコなどは食物繊維が多く、血糖値を急激に上がるのを抑えてくれるので、食事の前菜に取り入れたい物です。

野菜の中でもトマトやキュウリなどは、食物繊維が少なく、特に今流行の高糖度トマトは、血糖値を上げやすいので、いくら栄養素があると言っても、最初に食べるのはあまりおすすめできないです。
甘味を食べるなら
こんにゃくは、消化が良くないのでダイエット食には指摘な食材です。寒天もお砂糖を加えずに作れば食物繊維が多く摂れます。

ただし、水ようかんなどにして作る時は、お砂糖は極力控えたいものです。お砂糖も白砂糖ではなく、黒砂糖やカロリーカット系の甘味料を組みあわせるとベストです。

工夫次第で、ストレスも貯め込まずに美味しく頂くこともできます。
虚弱体質のダイエット



Page Top ▲