偏った食事は危険

偏ったダイエットは危険



様々なダイエット法が、日々開発されていますが注意点があります。



・ある特定の食品だけを摂取する方法

・ある特定の栄養素だけを摂らない方法



この2つを行うダイエット方には注意が必要です。



ある特定の食品だけを摂取する場合



バナナダイエットやリンゴダイエットなど、一部の食品だけをたくさん食べる方法は危険があります。どれだけバランスが良い果物だとしても食べ過ぎは良くないです。



一部の食品だけを多く摂ると言う事は、本来は別の食品で摂取すべきカルシウムやビタミンなどが不足して、将来的に骨粗しょう症になったり、お肌がぼろぼろになる危険を秘めています。虚弱体質の方も食事の偏りが原因の可能性があります。



あまり偏った食事は、短期的には良いとしても長期間にわたる実践は、どこかに不具合を来す可能性があります。



特定の栄養素だけを摂らない方法


たとえば炭水化物を全く摂取しないようにしても、100%炭水化物だけしか含まれていない食品というのは、本来ありません。必ず別の栄養素が必ず含まれています。その栄養素は微量かもしれませんが、無くてはならない栄養素だったということもあり得ます。



それを知らずにカットしてしまって、何十年後かにその影響で動脈硬化や癌などの予防となったハズの栄養素をカットしてしまっていて・・・という悲しい事態になる恐れがあります。



研究が完全に完了して、どの医師の目から見ても間違いのないものでなければ、十分に注意深く実践する必要があります。それまではバランスにも配慮して食事をしたいものです。その上で不足分をサプリメントやドリンク剤などで、不足分を補う方法が良いでしょう。




スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告