炭水化物は食べても良い?

エネルギーになって消えます。

炭水化物ダイエットなどでは、お米の糖質だけがクローズアップされていました。 しかし、お米には第6の栄養素と言われる食物繊維も含まれています。

炭水化物は、そのほとんどが体を維持するエネルギー源として消費されます。 ご飯を食べて太るという方の大半は、実はご飯を食べて太るのではなく間食やおかずに問題があります。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

間違えたダイエット法で体調不調

もし肩こりや体調不調になっている方は、間違えたダイエット法で本来お米で摂取していたハズのビタミンなどの栄養素を摂っていない可能性もあります。

お米は食べ過ぎなければ、人間にとって非常に有用な食材です。 炭水化物を1食品で摂りすぎずに、多様な食材で摂取することは体にとっても良いことです。 おかしなど嗜好品で摂ることの方が、かなり問題があります。

できるだけ加工されていない食品

できるだけ自然に近い食材を摂っていれば、健康的にも良いでしょう。 炭水化物を自然な食材で摂取する限りにおいては、あまり気にしすぎないことが大切です。

ご飯に味噌汁。焼き魚やお野菜を適量食べているだけで、ダイエットが自然とできてしまうくらいです。 そこに少しおやつにスイーツを食べたいなら、ダイエットスイーツをおすすめします。

炭水化物はすぐに燃える

ご飯などに含まれる炭水化物は、脂肪などと違い体を動かしたり脳が働くのにすぐに使えます。

食べ過ぎは良くありませんが、1日お茶碗に2杯程度であれば全く問題ありません。管理栄養士さんにアドバイスをもらったときに、「ご飯を減らすからお腹がすいてお菓子など余分なものを食べたくなるから太りやすい。」といわれてました。

すごく納得する話しで、それ以来、炭水化物は食べるようにして糖質などを極力食べないようにしたら、体重が安定するようになったので、ダイエットしやすい体質に変化したのを実感しました。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加