神経性食欲不振症【ダイエットの代償】

間違ったダイエットの代償



無理なダイエットにより、女性の場合は、無月経が問題視されています。

また生活習慣病やカルシウムの不足により骨粗鬆症も懸念されています。

若い未成年の女性、特に10代のダイエットは、卵巣などの生育阻害や子宮への影響も考えられます。



神経性食欲不振症は、ダイエットの代償はさらに、過食症や拒食症などの摂食障害などにも注意を払う必要があるため、ダイエットに成功せずに失敗して、さらに健康への懸念も増加させるという、悪循環に陥ることが後をたちません。



正しい知識に基づいたダイエット法で、慎重に行うことが将来への代償を払わずにすむ唯一の方法です。実際、このダイエットの手法を学校で教えて欲しいくらい重要な内容で、健康的な体作りを授業の重要な柱として、受験の1教科の柱とすべきとさえ考えます。



増え続ける医療費の事も考えると、学問的に正しい知識をもち将来の莫大な医療費で財政が破綻することは、すでにいま現在の状況をみれば明らかに心配です。ぜひ、慎重なダイエット法を取り入れていきたいものです。



一部、夢の様な糖が研究されてダイエットの救世主的な存在もありますが、長期間に人体が摂取した場合の問題点などは分からないため、あまり急激な摂取は控えることが、これまでのダイエットなどでも分かると思います。



ダイエットはカロリー過多、偏った偏食による栄養の偏りが問題ですので、いまのダイエット法で十分に痩せることが可能です。そしてサプリメントなども正しく用いれば、体にとっても有効であると考えられます。






スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告