排便できる環境づくり

便意が起こってトイレに行きたいなぁと思った時に行けなかったり、外出先で我慢してしまうことがあります。



排便にもいつするのがいいのか?があるそうで調べてみたのですが・・・


朝ごはんを食べた後に、昨日食べたものを出すという、毎日一定の時間の朝が腸の健康にとって一番良い。



理想的な朝に排便するためには、

・朝ごはんをしっかり食べること

・起きた時にお水を1杯飲んで腸を潤すことです。



朝はなにかと忙しくてバタバタして余裕がありません。



ギリギリに起きてしまったり、寝坊すると朝ごはんも食べられませんし、トイレの時間を作ることもできないので少しだけ早起きして、ゆったりできる余裕をもちトイレの時間にしてください。



腸にいい食べ物とは?


お肉は?



今は食事も欧米化しているので、油っこい食べ物や肉食中心になっています。



子供がいる友達たちとの話で、休みの日の昼ごはんに何が食べたいか?子供に聞くと、毎回ハンバーガーが食べたい!!って言うので、どうしてもファーストフードに行ってしまい、そして夜ごはんは、ハンバーグ・焼き肉と本当にお肉が好きみたいです。



子供だけではなく大人でも同じことが言えると思いますが・・・

腸にいい食べ物とは?いい便のもとになる食べ物のことです。



腸は、食べ物などの影響をすごく受ける臓器だそうです。



動物性たんぱく質(肉類)は、消化するのに負担がかかりほとんど消化されて、便の量が少なくなるので、肉類の摂りすぎはあまりおすすめできません。




スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告