ダイエット成功率は?

体脂肪計タニタの社員食堂の映画公開に合わせて行われた、ダイエットに関するこんなアンケート調査結果があります。



ダイエットをしたことがある女性 67.8%

ダイエットしたことがない女性  32.2%

(引用元 http://dietclub.jp/news/article/2013/05/23/1942.html)



問題はダイエットで体重がどれくらい減少したかです。



ダイエットでやせた体重で最小値は1kg

最大で20kg



20kgもやせたのはうらやましいですが、問題はこの後です。



リバウンド



20kgの減量に成功したしたので、ダイエットをやめたら18kg増えてリバウンドした。

ということは、もとの体重から2kgしかやせていないことになります。





でも、2kgやせたのならいいんじゃないの?

って思われましたか?



実は、これって、私は太ったと見ています。



無理な間違ったダイエット法でやせると、きゅっと引き締まった筋肉が減って、脂肪があまり減らない。

で、ダイエットをやめても筋肉は増えないので、ぶよぶよの水にも浮く脂肪だけが増える。





筋肉と脂肪の比重は、0.8:1.0

(データ参考 https://www.karadakarute.jp/tanita/kcloseup/kcup39.jsp)



つまり脂肪の方が2割も体積が大きくなるということです。



つまり同じ体重なら、筋肉が減って脂肪が増えただけなら、2割も太って見えるということです。



食事制限をしてやせても、筋肉が減ってしまうだけだと、あまりやせたように見えない。それよりもやせにくい体質になっているので、今後、激太りする確率が非常に高くなります。



ダイエットは正しく行わないと、後悔することになります。また体への医学的な影響は避けられないでしょう。

人間の肥満って、病気だと思った方がいいでしょう。



病気って、適当に処理していたらえらいことになりますよね。

やはり正しい知識で対処する必要があります。



肥満で高血圧、糖尿病、合併症、失明への道を歩んでいるかもしれません。これらのことを踏まえると、ダイエットの一般的な成功率は、限りなく小さいと思います。お手軽ダイエットには、十分にご注意ください。



でも、正しいい知識でダイエットをすれば必ず、健康的にやせます。
正しいダイエットの基礎知識


スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告