無添加の落とし穴

本当に無添加?



無添加とは?

着色料や防腐剤などの添加物を加えていないことを無添加といい、安心安全で体に良いという印象を受けます。



ある本によると、無添加食品の落とし穴に気をつけて下さいと記載されていました。「

落とし穴?」



加工食品全般に言えることですが、「無添加」と表示していても、添加物を含む場合があります。



例えば、化学調味料を使っていなかったら化学調味料無添加

着色料を使っていなかったら着色料無添加と一部を表示している場合があり、他の添加物は入っていることになります。



食品の加工の際に添加されるもので、食品が完成する前に除去されるものや、最終的に食品中に少量しか存在せず、影響を及ぼさないもの。



最終的には、食品に通常含まれる成分(成分量を増加させていない)と同じになる食品に対して添加物の表示が免除されます。



添加物 キャリーオーバーとは?


食品には原材料を記載してあるラベルが必ず貼ってありますが、原則として原材料に使用された添加物も表示しなければいけないそうなのですが・・・



やっぱり落とし穴があって、食品の原材料の製造や加工の過程で添加物が使用されていて、その食品の製造過程では添加物は使用されないもので、最終食品に効果を発揮することができる量より明らかに少ない場合は、表示が免除されることがあります。



なんだか何回も読み直して理解しなければならない内容ですね。



例えば、食品が「だししょう油」の場合

原材料の表示では「しょう油・かつおだし」のみで「無添加」となります。



その使われた「しょう油」に保存料の安息香酸が入っていても、この安息香酸は含有量が少なく、「だししょう油」には効果を持たないのでキャリーオーバーとなり、表示の必要はありません。



無添加と書かれてあるので安心だからと買ってしまいますね。






スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告