脂肪細胞が太る 分化は恐ろしい?

脂肪細胞が増殖する?



役立つ脂肪細胞と嫌われもの脂肪細胞



脂肪細胞が太るから、体が太る。



一般に肥満細胞といわれているのは次の2つの細胞のことです。

・白色脂肪細胞

・褐色肥満細胞



白色脂肪細胞とは、全身に存在する脂肪細胞ですが、皮下脂肪、内臓脂肪として嫌われている存在です。ダイエットする場合は、この白色脂肪細胞を減らす必要があります。ただし、体温を保つ働きもあるので、全く必要のない細胞ではありません。ある程度は必要な存在です。



褐色肥満細胞とは、ダイエットをする上で大切な脂肪細胞で、余剰なエネルギーを燃焼させる働きをもっている重要な脂肪細胞です。過ぎた時などに働いて、機能すれば太ることを防いでくれます。また内臓の保温にも役だっている優れものです。



ただ残念なことに、年齢と共に減少していくのが難点です。これが基礎代謝が低下して、太る要因の1つとされています。このマイナス分を補うためには、一般に太らない体質の人は、この褐色脂肪細胞が多いと考えられます。



でも肥満になって痩せられないのは、それだけが原因では無かったのです。



肥満細胞が分化して増える恐怖


食べ過ぎて脂肪として体内に蓄えられる、最初のステージでは比較的、容易にまたダイエットで痩せることができます。



しかし、一度、あることをしてしまうと痩せにくい体質の変化します。



それが脂肪細胞の分化と呼ばれる現象です。



白色肥満細胞は、細胞内に脂肪を蓄えますがその蓄積量にも限界があり、ある一定以上に大きくなるとそれ以上には蓄えられなくなるため、脂肪細胞が分化して数が増えてしまいます。



もし脂肪細胞が増えてしまうと、ダイエットしても脂肪細胞が増えた分、痩せにくくなってしまうわけです。たとえダイエットして膨れあがった脂肪細胞が元の状態に戻り、半分になったとしても脂肪細胞が2倍に増えていたら、それ以上には痩せないわけです。



この脂肪細胞をまた元の数に戻すことは容易ではなく、これがダイエットをしても上手く行かない人の状態です。何も考えずに、単純に食事制限をやってしまうと、このような状態に陥ってしまい痩せなくなります。



でも、全く打つ手がないわけではありません。


肥満メカニズム

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告