糖質制限のダイエットで救急搬送

糖質制限ダイエットの危険性が、指摘されていますが、ご存知ですか?

糖質、つまり炭水化物の制限をすることです。お砂糖は勿論のこと、うどんやパンなどを減らすあるいは、全く口にしないダイエット法のことです。

しかし問題点も指摘されています。

救急車

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告

健康への害

糖質制限を行うとエネルギーが激減するので、通常はお肉などを食べてカロリー摂取量をある程度は維持する必要があります。

つまりたんぱく質を多く摂るということですね。でも肝臓が悪い方が、糖質制限ダイエットを行うと、肝機能障害がさらに悪化してしまい、最悪の場合は…というこです。

糖質制限ダイエット方は、他にもデメリットがあります。

たとえば高脂血症の方も悪玉コレステロール(LDL)が上昇するケースもあるようです。肝機能障害や、糖尿病の方は、やり過ぎると低血糖症で倒れてしまう可能性も指摘されています。 かなり危険ではないしょうか?

リスクがあるのに糖質制限なのか?

食事で摂る栄養素のうちで、

  • 糖質
  • 脂質
  • たんぱく質

このうちで、もっとも脂質が血糖値を上昇させることが知られています。そして膵臓からインスリンの分泌を増やします。

 つまり、ご飯など脂質を含んだ食事をすると、ブドウ糖となりますが、このブドウ糖が細胞に留まりやすくするのがインスリンです。

通常は運動などをすれば細胞内のブドウ糖は消費されるのですが、もし余ってしまったら中性脂肪として脂肪細胞に蓄積されます。これが内臓脂肪のたまるメカニズムです。

不足したエネルギーの供給

糖質を制限することによって、不足分のエネルギーを体内のどこかから補給する必要がでてきます。それが、内臓脂肪などです。その脂肪を使うことで痩せる、減量できるということです。だから糖質制限ダイエットをする人が多いのです。

でも、大半の方は先ほどあげたリスクは全く知識として頭に入れていません。

大抵の場合、リスクよりもメリットだけを見る傾向があるので、ダイエットが危険な賭のようになってしまっています。体を痩せさせるということは、素人が医療行為をやっている?ような危険性があることは知っておくべきだと思います。 (参考資料:琉球新報 ダイエット 糖質制限の注意点)

まとめ

糖質制限ダイエットは正しく行えば効果がありますが、不確かな知識(聞きかじった情報)だけで実践すると、思わぬリスクで健康被害になるおそれもあります。

あくまでも摂りすぎていた糖質を減らし、栄養のバランスに注意するのが大切だと考えます。

参考 糖質オフ ダイエット

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加