サプリメントの効能・効果の驚くべき真実とは?

虚弱体質の方の強い味方、サプリメント



サプリメントを説明すsapuri.jpgる時に外せないのが薬との関係です。



私たちが医師の診察を受けて処方してもらい飲んでいる薬は、もともとはハーブなどの植物の薬効が研究されて、薬品として認知されたのが始まりです。

つまり薬は食品から作られらと言っても過言ではありません。これを伝えるとビックリされてしまいます。



つまりサプリメントも、食品も正しく使えば薬のように役立つものだということです。



最近は医師の方も、西洋医学だけではなく漢方や天然成分から治療に生かすための研究が始まっています。

いわゆる機能性食品と呼ばれているものの活用です



上手に使えば、私たちにとってもメリットは大きいはずです。

ただ現在は薬事法などによって、効能や効果があったとしても莫大な予算と10年という長期の時間をかけて、研究結果をまとめてそれが国家によって認められなければ、薬とは言えないわけです。



薬じゃないと効果・効能は期待できない?


薬と名乗れないから、効能がないかというと、それは違います。

私たちが食べることが出来る、玄米も健康にいいとされています。



実際に江戸時代に、玄米食から白米が食べられるようになり、脚気が流行って当時の健康を害したことで知られています。



玄米は薬ではありませんが、体に大変良い食物です。

それら食品やサプリメント等もいま、医師の間でも見直されています。



サプリメントが必要な理由とは?

ダイエットを行うとビタミンやミネラルがどうしても不足がちになってしまいます。食事制限したり食べ物を変えたりすることで、これまで食していたときより、栄養素が偏ることもあります。



そこでサプリメントで、その不足分を補うわけです。

さらに近年の日本は、食糧が糖質を中心とした食生活に変化したために、今まで以上にその糖質などを分解するために栄養素が必要になってしまいました。



ビタミンなどがないと、エネルギーに変化出来ずに、脂肪として蓄えられやすくなってしまいました。しかし、その不足分を食物で補おうとすると、とんでもないくらいの野菜を食べなければ不足したままになってしまいました。



さらに追い打ちをかけるような、経済状況などからくる、将来への不安、ストレスの増大です。人はストレスが増すと、ビタミンなどを多く消費してしまいます。



そこでサプリメントに、注目が集まりました。

悪いメージを持たれている人もいると思いますが、例えばビタミン剤もサプリメントです。日本のサプリメントの中にも、海外では医薬品とされている品目もあります。ですのでサプリメントは上手く活用すれば、私たちにとって非常に有効なものとなります。






スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告