シーチキンはダイエット食材

butaniku.jpg

お肉よりもヘルシーで、タンパク質が豊富。シーチキンダイエットといっても良いでしょう。 ダイエットに欠かせないのは、体内に増やす筋肉量。基礎代謝を高めて、寝ている間もカロリーを消費してくれる筋肉が、飽食の時代に欠かせない存在です。

種類と成分

シーチキンは油漬けと水煮がありますが、カロリーを考えると水煮が低カロリーです。 様々な種類がありますが、100g当たりでタンパク質18g前後あります。

これを豚肉のバラ肉で摂るには、140グラムくらい食べる必要があります。 しかも炭水化物はほとんどゼロ これは食べない理由はありませんね。

筋肉を増やす

食べ物がない飢饉が起きる時代であれば、筋肉よりも脂肪が大切なので、すぐに体に脂肪がつく方が、食べ物がない時に生きる日数が長くなったのでしょう。

それがいまや、多く脂肪がつくと、寿命が短くなる逆転の時代になりました。そこで筋肉をつける必要がありのです。寝ているだけで、カロリーをどんどん消費してくれる筋肉は、サプリメントに勝るものかもしれませんね。虚弱体質の方にもおすすめ。

筋肉をつけるには、筋肉の原料を多く供給する必要があります。筋肉の原料は、たんぱく質です。お肉にもたんぱく質は豊富に含まれています。ただ赤身ではなく霜降りの場合は、かなり脂肪が多いので、あまりお勧めできません。

高カロリーの脂が問題

脂を心配されるなら、シーチキンがお手軽でおすすめ。芸能人のダイエット、筋肉をつける企画でもシーチキンが用いられていました。 すでに加工済みなので、すぐに食べられるメリットがあります。たんぱく質の含有量も多いので、筋肉を増やすのに最適です。

少し塩分が高いので、長期間に渡って向いていません。お野菜など食物繊維を一緒に食べれば、塩分が体外に排出されるのを手伝ってくれます。 お手軽レシピは、公式販売メーカーのサイトなどで豊富に見つかるので、飽きないレシピで食べられるでしょう。

毎日、1缶、シーチキンを食事に加えたいものです。

スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告