【節約】野菜ジュースダイエット

野菜ジュースといえば、バナナやトマトなどを入れた贅沢なものもあります。



今回、紹介するのは、野菜の捨てるような部分を使ってジュースにします。



まずキャベツの芯の部分

かなり硬くて、捨ててしまう部分ですが、これまでは薄くスライスして、野菜炒めなどに使ったりしていました。



この芯は栄養もあると言われていますが、食物繊維はあるでしょう?ということで、これを今回ジュースにしました。



それだけだと寂しいので、ブロッコリーも当然、芯というか硬い枝の部分を使います。 



最初は生でジュースにしていたのですが、あまりにもまずくて、電子レンジで800Wで60~90秒程度チンしてからジュースにしました。



ブロッコリーの芯も蕾の部分も入れます。キャベツも外側の硬い捨てるような部分も、キレイに洗ってからジュースにします。キャベツの葉っぱも硬い部分はチンしてから、少しきざんでからジュースにします。





ブロッコリーとキャベツ+トマトを入れます。



自宅のベランダで家庭菜園をしているので、そこで取れた中型のトマトも入れます。



これでかなり美味しくなりますが、さらにバナナと牛乳を入れると、まろやかになり甘さがまして、飲みやすくなります。



もちろん繊維の部分もしっかり飲む?食べるので、美味しく頂けます。



ちなみに葉っぱの柔らかい部分は、電子レンジに掛けずにジュースにすればビタミンCも壊れずの良いでしょう。





あと、ニンジンも加えたりします。



これで、さらに痩せられるのか?実験開始です。

虚弱体質の方も良いと思います。




スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告