健康食品と薬の関係の危険な訳とは?

健康食品と薬


平日の朝、テレビを付けると健康食品の番組が多いことに驚きました。



いつまでも健康な体でいたいなど、なんらかの形で約6割の方が健康食品を利用しているのですね。

健康食品と薬の併用について、注意しなければいけないものがあるそうです。



貧血治療薬や滋養強壮薬など鉄を含む薬を飲まれている方は、ウコンやシジミの健康食品の中には鉄を多く含んでいるものがあり、併用によって鉄の取り過ぎになることがあるので、肝機能障害がある方は、症状悪化に繋がることがあると薬剤師の方から聞きました。



高血圧の薬を飲んでいる方は、グレープフルーツなどの柑橘系の中に含まれる一部の成分で、血圧が下がり過ぎて危険だから併用してはいけないということは、よく聞きますが健康食品と薬の併用にもあるのですね。




安全なダイエット食


お米の良さ?


健康食品と薬の危険な関係がありますが、これはまず間違いなく安全でしょう?

というものが、本当に毎日食べても良い物だと思います。



私の友人が、こんな話を教えてくれました。



2カ月に1回の女子会のランチは、だいたい洋食になることが多いです。

(ランチ特集の雑誌を見ても、美味しそうなパスタやオムライスの写真がたくさん載っていますし)



でも私は、お米が好きなので和食のお店に本当は行きたいのですが。

お米の良さって、本当にたくさんあると思います!



ご飯は太る原因になるという情報があるせいか?ダイエットで、ご飯を抜く方も多いですが、脂質もカロリーもあまり高くありません。



パンや麺類と異なり塩分やコレステロールを含んでいないから、食パン1枚食べるよりお茶碗1杯のご飯の方が、実は低カロリーなのです。



腹もちも良いのも魅力ですよね。

ご飯のでんぷん含まれているアミロースは、難消化性でんぷん質なので糖としては吸収されにくいものです。



よく噛むことで、唾液が分泌されて口腔内の衛生を保つこともできます。

できればお米より玄米の方が、更に良いですね。



ということを、聞いたのですが、やはり健康意識が高い人は、お米を食べるのだと思います。

美味しくて、ダイエットにも良い、あるお米を食べています。




スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告