ダイエットが成功しない本質を暴露その1

ダイエットが成功しない本質を暴露

tameiki.jpg痩せない。体脂肪率が高い。



そんな悩みを抱える女性が多いのですが、それは大抵、何度もダイエットを失敗しています。そこで痩せる手法を勉強するわけなのですが、それでも成功する確率が低いと感じています。



あるテレビをみていてそのことがはっきりと分かりました。



「間違っている!」



何が間違っているのかというと、成功しない人ってダイエット方法が間違っている!ということはもちろんなのですが、どれだけ勉強しても、それだけでは確実には痩せないということが分かりました。




専門化が太る事実


テレビでひっぱりだこで、書籍も多数書かれている南雲医師。

あの南雲医師でさえ、若い頃は太っていた事実に驚きました。



医師って、医者ですよ。

体の健康を一番わかっている医者ですよ。



「それなのに太るって一体どういうこと?」



 この瞬間、数々のダイエット法が頭をよぎりました。

朝バナナダイエット法、炭水化物ダイエット、ロングブレスダイエット、カービィダンス、朝ジュース・・・やせさせてくれるのは、サプリでもなく器具でもクッキーでもない。辞典並みの情報量でもない。



 健康知識では、国家資格を有しているお医者さんでも太る。これって、知識を知っているだけでは痩せないってことですよね。さらにびっくりしたことがあります。



本質とは?


栄養管理士さんが太っていた事実。栄養士さんのさらに上の資格の方が太っている。これっておかしくないですか?



 どれだけ食べたら太るとか、栄養面をすべて把握している国家資格を持っているスーパー知識人なわけですよ。そんな方でも太るってことは、もう知識じゃないってことですよ。しかも痩せている人は、ダイエットの知識に詳しいかというと、そんなことはありません。



太るのは痩せるって知識が不足しているからではないってことがハッキリとわかりました。いくら知識が国家資格レベルでも痩せない人は、なぜ太るのか?



本質がどうやらそこに隠されているようなことが、これまでたくさんのダイエット法が生まれて来る理由にもなっていることに、やっと気付いたんです。



つまりそれは・・・
リバウンドで成功の兆しがない理由


スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告
レクタングル(大) 広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大) 広告